ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「夏バテ」は英語で何と言うか? 灼熱地獄の日々……
c0019088_14223719.jpg

みなさん、このバカ暑い中、お疲れ様です。

今朝の新聞によると、統計を取り始めた1946年(戦後すぐですぞ!)以降、もっとも高い平均気温を記録したと気象庁が発表。この暑さ、まさに殺人的です。

夏バテでとてつもなくダルイので、朝からタイチ―のレッスンに行ってきました。

そしてレッスンの後はずっと体が軽い♪ みなさん、体がダルイときは、屋内で無理のない運動をするのがよいみたいですよ。

さて今日は、前前回に続き、ジャパンタイムズさんの記事より、夏バテ対策に関する記事: How to survive summer fatigueをご紹介します。(*以前ご紹介したのとは別の記事です)

本文のタイトルにもあるとおり、「夏バテ」は英語でsummer (heat) fatigueと言います。(「夏バテ」みたいな面白い表現はないようですね。北米やヨーロッパは、普段はそこまで暑いことないですから。ちなみに「熱中症」は、深刻で緊急な手当が必要なheat strokeと、それよりやや症状が軽いheat exhaustionという2つの言葉があるようです)

本記事によると、夏バテの一番の原因は「温度差」だとのこと。外と中の理想的な温度差は5度以内らしいのですが、現在は、外はextremely hot、中は (記事によるとfreezer-like air conditioning=冷凍庫並みの冷房)のお陰でextremely cold。どうやらその差がいけないらしい。

対策としては、以下のとおり。

●温度差に対処するため、オフィスではカーディガンなどを着用する(「湯たんぽ」も紹介されていますが、ちょっと暑くなりすぎるのでは??)
●定期的な運動
●十分な睡眠
●バランスのとれた食事

中でも食事は重要。サプリばかりに頼るのではなく、体の酸化防止になるトマト、ナス、キュウリ、ミネラルの豊富なスイカ、梨、カリウムやマグネシウムの多い夏ミカンがよいとのこと。

疲労防止用には、ビタミンBの豊富な豚肉、大豆、牛乳、ソバ(とくに蕎麦湯)もよいそうです。(そうだ、今晩はソバにしよう!)

そして、伝統的に夏が暑い日本では、栄養効果の高い鰻を食べたり、梅酒を作る習慣が昔からあるとのこと。宮崎県の、仕事中のまかない料理(work-time-dish)として発達した「冷や汁」も英語で紹介されています。作り方が書いてあるので、ぜひ外国人に勧めてあげてくださいね。

さて今日の写真は、まさに夏バテによさそうな薬膳料理(といっても、もちろん私が作ったのではありませんよ、フフ)。仕事の打ち合わせの合間に寄った、オーガニック・カフェAzu Natural Kichenのランチ。

ランチとしての値段設定はやや高め(?)かもしれませんが、ご飯とみそ汁はお代わり自由。味もsplendid!!(Keri先生が保証しますね!)。夏バテにいいこと間違いなしです。

あれ、お盆休みの前に宣言していた、3つの目標は達成できたのかって?

いえいえ、できませんでした119.png……フランス語の教科書が1~2章進んだ程度。時間がなくてAIの本は読めず、映画は今晩行きます!(ですから、来週はそのレポートになる予定。お楽しみに!)

引き続き、Stay cool!


近著もよろしくお願いします!

●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)


新着のお知らせ:

〇フェイスブックを再開しました。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎)。8月19日に更新しました。タイトルは:英語改革のゆくえーその④ 「綴りと発音の関係を知れば、なんでも読める、読めれば話せる!」は正しいという話


いつものお知らせ:

〇本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

〇最近、TAS & コンサルティングのHPを更新しました。前より見やすく、わかりやすくなりました!

○過去の記事ですが、プレジデントオンラインに「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー


[PR]
by kerigarbo | 2018-08-25 14:40 | Comments(0)
いよいよお盆休み。この夏したいこと……
c0019088_10404282.jpg


あらら、もうお盆休みに突入してしまいましたね。早いですねえ、時が経つのって……

最近、とみに自由業度(?)が増し、仕事中なのかバカンス中なのかさっぱりわからないのですが、とりあえず明日くらいから仕事を忘れてゆっくり(まあ、普段から結構ゆっくりしていますけど……)したいと考えています。

でも、ワーカホリックというか、貧乏性というか、日本人って真面目ですからね。休日でもなにかやらずにはいられない(少なくとも私は……)。

そういう方にお勧めなのが、普段はできない読書、好きな語学の勉強、洋画が好きならば映画鑑賞です。

私がこの夏たぶん新幹線の中で読むのは、とっくにベストセラーなのにまだ読んでいない『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子、東洋経済新報社)。内容が少しかたそうだけど、面白そう。

そして語学は、写真のフラ語の学習書たち!

一番左のテキスト(易しいのですでにほぼマスター?)、一番右の新書(面白過ぎて1日半で読破)、真ん中の2つは現在独学中。スマホに音声もダウンロードしたし、新幹線での語学学習これでバッチリです。

面白過ぎると書いた『世界一簡単なフランス語の本』(中条省平、幻冬舎新書)については、近々こちらに感想をアップするつもりなので、興味のある方は見に行ってくださいね。フラ語に直接興味がなくても、英語との比較があちこちに書かれているので、言語好きな方はたぶん面白いはずです。

映画については、見逃したDVDはもちろん、私的には昨日公開になった「オーシャンズ8」をぜひ観たい。だって、主役は女性ばかり。どんなふうに描かれるか見ものではないですか!無事観ることができましたら、本ブログでもちろんご紹介いたします。

さてさて、自分のことばかり書きまくりましたが、読者のみなさんのほとんどは英語好きで、英語力をもっとアップされたいと思っているのではないかと思います。

日頃から散々、拙著の宣伝をさせていただいていますが105.png(←はじめて使ってみました。ふふ)、まだ読まれていない方々はこの夏にぜひどうぞ。それぞれ目的に合わせて読んでいただければ幸いです。内容はアマゾンの解説でもわかりますが、私からもそれぞれの本がどのような方に最適か、コメントをつけ加えますね。

この本を読んだから、私のブログを読んでいる方も多いかもしれません。とりあげたフレーズが面白いせいか(←編集者さんの功績!)、なんと20万部超の売れ行きです。まだ読まれてない方はぜひ!

正直『シンプル英語フレーズ』(略)よりは上級者向け。表紙はファッション誌のようですが、実は海外ドラマのように楽しみながら、ビジネス英語と日常会話が学べます。仕事で英語を使う方、ネイティブライクな英語表現を求めている方にお勧めです。

英語の学び方自体に疑問を感じている方、誰かに英語を教えたい方が読むとよいのではないかと思います。私が過去の仕事から学んだ経験がたっぷり綴られています。「たった1つの違い」がわからなかったというコメントも寄せられていますが(笑)、ここはみなさんでどうぞご判断を!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
こちらは易しい翻訳の入門書です。かなり厚ぼったいので、覚悟して買ってくださいね114.png。翻訳をどう評価するか、発注側の視点なども入った、実務的な本です。

●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

今年の5月に出たばかりの本です。英語初心者から中上級者まで、日本語を軸として英語を考える手法が色々と書かれています。なるほどなぁ、と思うことばかりを書いたつもりですが、読まれた方、ぜひ感想をお寄せください。


いやあ、たっぷり宣伝させていただきましたが、それではみなさま楽しい夏休みを!!169.png169.png


以下、お知らせを2つに分けました。


新着のお知らせ:

●フェイスブックを再開しました。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎)。8月7日に更新しています。タイトルは英語改革のゆくえーその③ 過去の発言撤回します!「英語を話したい、それは本能である!?

いつものお知らせ:

●本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

●最近、TAS & コンサルティングのHPを更新しました。前より見やすく、わかりやすくなりました!

●過去の記事ですが、プレジデントオンラインに「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事です



[PR]
by kerigarbo | 2018-08-11 10:58 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム