ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
極寒の日々。今週SNSでしばしば見かけた'BrrrとMeh'
c0019088_13220836.jpg


おー、寒い。このフレーズを聞かない日がまったくないほど寒いですね……インフルエンザも怖いし。

インフルエンザに関しては、アメリカでも多くの州で学校閉鎖が行われているようです。

東京に珍しく大雪が降ったということで、SNS上で驚嘆、嘆き、共感の英語がたくさんつぶやかれました。

その中で2つほど、今週よく目についたものをご紹介します。

ひとつは、Brrr!

寒い時に思わず口にする間投詞で、日本語にすると「ぶるぶる」。

このふたつは音も意味もよく似ていますが、実はとても珍しいこと……

日本語の擬音語・擬態語は、英語(オノマトペと言いますが)と似ていないことが多いのです。たとえば、

「いたっ!」Ouch!
「ぐーぐー(寝息)」Zzz...
「カチカチ(時計)」Click, click...

など。同じ人間なのに、日常的に耳にしたり感じることを異なる音で表現するところが非常に興味深いですね。

もうひとつご紹介したいのが、Meh(「メ―」とやぎのように発音する)です。これは90年代から漫画等を通じて徐々に浸透したスラングですが、SNSにはよく登場します。

日本語では、「(小馬鹿にした様子で)ふーん」「(少し呆れた様子で)へぇ」などと訳し方が少々難しいですが、定義を辞書等で調べると、こんな感じ。

An interjection used as an expression of indifference or boredom(無関心や退屈を表す間投詞。Wikipedia)
Expressing a lack of interest or enthusiasm(興味や熱意がない様子。Oxford Dictionary)

たとえば、こんなふうに使います。
"Meh, I'm not impressed by that."
(ふーん、私はあんまりいいと思わないけどね)

つまり我々が、

We had such a heavy snowfall in Tokyo. It's only 3 degrees outside! (東京で大雪が降った。外の気温が3度だよ!)

と騒いでも、カナダや北ヨーロッパの人からみると、Meh...(へへ、大したことないじゃん)という感じなんですね。

そんなやり取りが多かった一週間でした。今週も関東で雪予報が出ています。雪はロマンティックでもあるけれど、実際は通行の邪魔になり、やっかいですね。

写真は、先週東京で一番寒かった日(日中3度)、都内のスタバでいただいたソイラテと、軽く温めたホワイトチョコレートマカダミアクッキー。「丸ごと食べたらカロリーすごそうだな、やばい……」と思いながら完食しました!



お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎!

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。



[PR]
by kerigarbo | 2018-01-28 13:30 | Comments(0)
都会を幼児と歩き回ると見えてくるもの……
c0019088_16202726.jpg

1月も半ばを過ぎました。みなさまお元気にお過ごしですか?

先週、(本ブログでもご紹介済みの)Rちゃんに妹が誕生し、Keri先生もRちゃん一家のお手伝いに駆り出されています。

もっぱらママが赤ちゃんのお世話をしている間のRちゃんの子守役というわけですが、3才の幼児を連れて都会を歩いてみたら、次々と不便さを発見。

まずは、駅でのエレベーター探し。駅に大抵一台は設置されているものの、設置場所の案内も、実際のエレベーターも、まことにわかりにくいところにある。(ときには、プラットフォームの端から端まで歩かなければ見つからないことも……)

そして、長旅の末やっとエレベーターを発見したら、「ただいま点検中なので、ご使用になれません」の張り紙があったり。エスカレーターのない長い階段を、どうやって小さな子供と、ある程度の荷物と、折りたたんだベビーカーを抱えて改札まで下りればよいのか……途方に暮れることも。

これは乳幼児連れのママたちだけでなく、脚の悪い方や老人にとっても同じことですよね。昔に比べれば設備と配慮は格段に改良されているのでしょうけど、改善の余地はまだまだあり!

なお先日、青山通りをバギーを押して歩いていたら、なかなかちょうどよいカフェが見つからず苦労しました。お洒落過ぎるカフェは子供連れで入るのが憚られるし、ちょうどよい感じでも入り口に数段ステップがあったり、お茶を飲む場所が二階だったり。仕方ないので(意に反して……笑)ウェンディーズで幼児とフライドポテトをシェア。

とにかく、若いママたちの苦労が身に沁みます。まあ、古いタイプの政治家はこう言うかもしれないですね。「そもそもなぜ昼間から、子供連れで都会を歩いているのだ!」と。

正直、私にとっては育児より仕事のほうが数倍楽ちん。でも、しばらくはときどき育児のサポーターになって、日本が子供や母親たちにとって優しい国かどうか、真剣に考えてみたいと思います。

写真は、5時になると点灯する六本木ヒルズけやき坂通り。歩き疲れても、心が癒されるスポット。間違いなし!



お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎!

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。



[PR]
by kerigarbo | 2018-01-20 16:26 | Comments(0)
ハッピー 2018! 今年もよろしくお願いします!

c0019088_11511079.jpg

いよいよ2018年になりました。あけましておめでとうございます!

今年も本ブログをよろしくお願いします。

年末に少々風邪をひき、というか、いつのまにか住み着いた風邪の菌が気まぐれに出たり、ひっこんだり……

今年は例年にない寒さ、そしてひどい乾燥。それでも異例の大寒波に見舞われているアメリカ東部やヨーロッパに比べればましなようです。長年NYに住む友人も、マイナス何十度の毎日に参っているようす。

私は、昼間はもちろん、夜までマスクをつけて寝るようになりました。(光を遮断するアイマスクもしているため、就寝中の私の顔はかなり不気味……笑105.png

さて、昨年の年頭のresolution(誓い)は、1)元日に届くように年賀状を出す、2)年齢の高い方に対して「御年xx歳」などと言わない、でした。それらは見事達成!(というか、随分とハードルの低い目標でしたね。笑)

アメリカの調査によると、新年のresolutionはやはり健康に関するものが多いようです。何キロ痩せるとか、なにかの運動を続けるとか。

今年は、昨年夏から始めたタイチ―(太極拳)と踏み台昇降(アマゾンで昇降機を買いました!)だけは続けたい!

健康以外には、たくさんの人と出会って有意義な時間を過ごす、自分も楽しくなれるような仕事をする(具体的には自分も読者もワクワクするような本を書くなど)、でしょうか。

でも一番の願いは、「家族全員健康に過ごせること」だと思います。健康に勝る幸せはおそらくこの世にないでしょう。

そして欲を言えば、世界から戦争や暴力、憎しみ、差別などが完全になくなってほしい。

Let's hope for a better world and a peaceful year without wars & violence, hatred or discrimination!
(よりよい世界、戦争や暴力、憎しみや差別のない平和な年になりますように!)

で、本日は締めくくりたいと思います。


お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎!

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。



[PR]
by kerigarbo | 2018-01-06 12:04 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム