ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
カテゴリ:未分類( 537 )
いよいよお盆休み。この夏したいこと……
c0019088_10404282.jpg


あらら、もうお盆休みに突入してしまいましたね。早いですねえ、時が経つのって……

最近、とみに自由業度(?)が増し、仕事中なのかバカンス中なのかさっぱりわからないのですが、とりあえず明日くらいから仕事を忘れてゆっくり(まあ、普段から結構ゆっくりしていますけど……)したいと考えています。

でも、ワーカホリックというか、貧乏性というか、日本人って真面目ですからね。休日でもなにかやらずにはいられない(少なくとも私は……)。

そういう方にお勧めなのが、普段はできない読書、好きな語学の勉強、洋画が好きならば映画鑑賞です。

私がこの夏たぶん新幹線の中で読むのは、とっくにベストセラーなのにまだ読んでいない『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(新井紀子、東洋経済新報社)。内容が少しかたそうだけど、面白そう。

そして語学は、写真のフラ語の学習書たち!

一番左のテキスト(易しいのですでにほぼマスター?)、一番右の新書(面白過ぎて1日半で読破)、真ん中の2つは現在独学中。スマホに音声もダウンロードしたし、新幹線での語学学習これでバッチリです。

面白過ぎると書いた『世界一簡単なフランス語の本』(中条省平、幻冬舎新書)については、近々こちらに感想をアップするつもりなので、興味のある方は見に行ってくださいね。フラ語に直接興味がなくても、英語との比較があちこちに書かれているので、言語好きな方はたぶん面白いはずです。

映画については、見逃したDVDはもちろん、私的には昨日公開になった「オーシャンズ8」をぜひ観たい。だって、主役は女性ばかり。どんなふうに描かれるか見ものではないですか!無事観ることができましたら、本ブログでもちろんご紹介いたします。

さてさて、自分のことばかり書きまくりましたが、読者のみなさんのほとんどは英語好きで、英語力をもっとアップされたいと思っているのではないかと思います。

日頃から散々、拙著の宣伝をさせていただいていますが105.png(←はじめて使ってみました。ふふ)、まだ読まれていない方々はこの夏にぜひどうぞ。それぞれ目的に合わせて読んでいただければ幸いです。内容はアマゾンの解説でもわかりますが、私からもそれぞれの本がどのような方に最適か、コメントをつけ加えますね。

この本を読んだから、私のブログを読んでいる方も多いかもしれません。とりあげたフレーズが面白いせいか(←編集者さんの功績!)、なんと20万部超の売れ行きです。まだ読まれてない方はぜひ!

正直『シンプル英語フレーズ』(略)よりは上級者向け。表紙はファッション誌のようですが、実は海外ドラマのように楽しみながら、ビジネス英語と日常会話が学べます。仕事で英語を使う方、ネイティブライクな英語表現を求めている方にお勧めです。

英語の学び方自体に疑問を感じている方、誰かに英語を教えたい方が読むとよいのではないかと思います。私が過去の仕事から学んだ経験がたっぷり綴られています。「たった1つの違い」がわからなかったというコメントも寄せられていますが(笑)、ここはみなさんでどうぞご判断を!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
こちらは易しい翻訳の入門書です。かなり厚ぼったいので、覚悟して買ってくださいね114.png。翻訳をどう評価するか、発注側の視点なども入った、実務的な本です。

●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

今年の5月に出たばかりの本です。英語初心者から中上級者まで、日本語を軸として英語を考える手法が色々と書かれています。なるほどなぁ、と思うことばかりを書いたつもりですが、読まれた方、ぜひ感想をお寄せください。


いやあ、たっぷり宣伝させていただきましたが、それではみなさま楽しい夏休みを!!169.png169.png


以下、お知らせを2つに分けました。


新着のお知らせ:

●フェイスブックを再開しました。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎)。8月7日に更新しています。タイトルは英語改革のゆくえーその③ 過去の発言撤回します!「英語を話したい、それは本能である!?

いつものお知らせ:

●本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

●最近、TAS & コンサルティングのHPを更新しました。前より見やすく、わかりやすくなりました!

●過去の記事ですが、プレジデントオンラインに「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事です



[PR]
by kerigarbo | 2018-08-11 10:58 | Comments(0)
外国人も警戒!この異常な暑さを乗り切る方法
c0019088_10253224.jpg

異常な暑さが続いております。36度とか聞いただけで気絶しそうなのに、昨日は都内で39度。

異常ですね。カナダのケベック州では何十人ものお年寄りが熱中症で死亡、カルフォルニアのデスバレーでは気温が52度まで上昇したとか(人、生きられないよね……)。

通常は夏らしき夏がないデンマークも、今年は30度越えの日があったようです。つまり世界的に異常気象らしい。

娘たちが住むベイエリアでは、日中は30度以下、夜もかなり涼しいもよう。写真は、旦那さんが里帰りしている間、ウニちゃんとお留守番の娘からの一枚。最近アメリカで流行しているアボカドトーストだそうです。

潰して、軽く塩・コショーし、レモン汁をかけたアボカドと、モッツァレラチーズ(またはリコッタチーズ)、ミニトマトを雑穀トーストの上に乗せていただく。細切りの青いのは大葉ではなく、自宅の庭でとれたバジルだそうです。バジルがいい香りで絶妙なバランスだとか。

美味しそうだし、夏バテに勝てそうなメニューですね。私も試してみようかな。

さて、この異常な暑さをどう乗り切るか?

先日、ジャパンタイムズさんからQ& A: How to survive this year's scorching summer in Japan(今年の焼けつくような日本の夏を生き抜く方法)という記事が出ていました。

我々日本人にはそう目新しい内容でもありませんが、日本に滞在する外国人に暑さ対策を教えるためですね。その中からいくつか役立ちそうな英語を取り上げてみます。

まず一番の対策は、avoid sudden exposure to extremely high temperatures(異常に高い気温に急にさらされないこと)。私も昨日は一日家にこもって仕事をしてました。外に出たのは5時過ぎ、気温がかなり低くなった頃。

熱中症の初期サインとしては、dizziness(めまい)、flushed face(顔の火照り)、aching and cramping muscles(筋肉の痛みや痙攣)、nausea(吐き気)が挙げられています。症状が進むと、disorientation(方向感覚の狂い)、coma(意識障害)などが現れるとも。

対策としては、wear light, cool clothes(軽くて涼しい服を着る)、外にいるときはstay in the shade(日陰にいる)、水をたっぷり飲み、塩分(sodium)もしっかりとってkeep hydrated(水分補給)することが勧められています。

そのほか、塩分を含んだ飲み物の作り方の説明が続き、最後に麦茶(barley tea)がよいとも書いてあります。なぜなら、汗で失われるミネラルを多く含んでいるから。昔の人はその知恵を生かしていたのですね。我が家の冷蔵庫には最近麦茶が冷やされていないのですが、さっそく作ろう!

涼しくて羨ましいベイエリアから写真をもう一枚。マウンテンビューにあるお寺?で行われた夏祭りの様子。まるで日本の夏の風景のようですね。

c0019088_10254404.jpg

みなさまも、色々と対策をとって、Stay cool!!(涼しくお過ごしください)


この夏、英語学習に磨きをかけたい方、最新著『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)のほか、他の拙著もニーズに合わせて読んでいただけると、大変嬉しいです。


お知らせ:

〇本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

〇フェイスブックを再開しました。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎)。7月16日に更新しています。タイトルは「英語改革のゆくえーその② 話すよりも、聞けることが先!自分のフランス語学習から学んだこと 」

〇最近、TAS & コンサルティングのHPを更新しました。前より見やすく、わかりやすくなりました!

○過去の記事ですが、プレジデントオンラインに「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事です



[PR]
by kerigarbo | 2018-07-24 10:40 | Comments(0)
文化が違うとおもしろい!英語のサイン
c0019088_15233798.jpg


先週末、京都に行ってきました。今週、近畿中国地方は未曽有の大雨。一足違いで戻りましたが、被害に遭われた方々へ心からお見舞い申し上げます。

さて、今週は京都で出会った英語のサインのお話。

職業柄、英訳されたサインを見つけるとつい興奮してしまうのですが(笑)、全体的な印象としては、英訳の質が以前よりよくなっていると思います。とんでもない英語のサイン(失礼!)は最近あまり見かけなくなりました。

ただ、日本独特の文化を反映したものが多いので、状況が呑み込めないと、外国人が不思議に感じるものもあります。

ご覧の写真は、「寺の中に入るときは靴を脱いでください」というサインなのですが、一瞬Boardとは何ぞや?と思ってしまいました。もちろん目の前のスノコを意味していると思われますが(正確には、スノコはduckboards)、いっそのことon the floorでもよいかもしれないですね。Do not walk on the floor with your shoes on.

海外では室内でほとんど靴を脱がないので、「土足厳禁」を英訳するのは確かに難しいですが、たとえば、次のような英訳は外国人にもわかりやすいです。

No shoes allowed beyond this point.(ここから先は土足厳禁です)
Please remove your shoes before entering (the building).(建物に入るときは靴を脱いでください)

いずれにしても、非英語ネイティブでもわかる英語、シンプルな英語が一番ですね。(そういう意味では、写真の英語は案外わかりやすいかも??)


c0019088_15235374.jpg


写真をもうひとつ。京都で泊まったホテルで見つけたサインです。

海外では水道水が飲料水として飲めることはほぼないので、わざわざこのように書いてあるのですね。

シンプルな言い方でよいと思いますが、海外ではこのような言い方もします。

This water is safe to drink. (この水は飲んでも安全です)
Drinking water (飲料水)

いかがでしょうか。国が違うと表現も違う。おもしろいですね。今後も味わいのあるサインを見つけたら、ご報告したいと思います。


日英で異なるサインについては、拙著『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)のコラムでも扱っています。まだ読んでいらしゃらない方はぜひ!


c0019088_15095008.jpg

お知らせ:

○フェイスブックを再開しました!リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎)。昨日7日に更新しました。タイトルは「英語改革のゆくえーその① 英語を話せることはそれほど重要なのか?」


〇最近、TAS & コンサルティングのHPを更新しました。前より見やすく、わかりやすくなりました!


○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。



[PR]
by kerigarbo | 2018-07-08 15:07 | Comments(0)
ワンコ言葉Doggolingo。カーメルのほろ苦い思い出……
c0019088_14231584.jpg


鬱陶しい梅雨の晴れ間。急に暑くなり、サッカーのテレビ観戦の疲れもあって、頭がぼーっとしています。

今日も銀行で、218番の札を持っていたのに128番が呼ばれて窓口に行ってしまったり、払込額を間違えて「お客様、12万円ほど足りません」と言われたり。やっと払ったと思ったら「お客様、日傘をお忘れです!」と行員さんが叫んでいる……散々な一日です。

話題を変えまして、今日は海外のSNSで流行している犬ことば(Doggolingo)について。語尾に-goとか、-er/-noなどをつけて可愛らしさをアピールするものや、bork(本当はbark)みたいにわざとスペルを間違えたものなどあって、とても面白いです。

doggo (ワンちゃん。ワンコ)
pupper(子犬、小さな犬)
pupperino(同上)
floof (フサフサ犬)
bork(bark。吠えること)
blep/blop(舌が口から少し見えている様子、またはそのような犬)
mlem(舌でペロペロする様子)

インスタに添えるテキストとして、こんな感じで使えますよ。

I met this floof at the shopping center today!(今日ショッピングセンターで見つけたフサフサ君です!)

This is our cutest little pupper, Domingo!(これが最高に可愛い我が家のワンコ、ドミンゴ!)

今日の写真のdoggoは、お馴染みのウニちゃん。少し曇り空の下、カーメルの海岸をしみじみと(?)眺めている後ろ姿が可愛いですね。

実は、最近ウニちゃんがインスタを始めました。興味のある方はこちらshibaunimusを覗いてみてください。(テキストが英語で書かれていますから、勉強になると思います!)

私もときどき覗いて、ウニちゃん語を楽しんでいます。

my pawrents(my parentsのこと。pawは動物の足ですから、言葉遊びにもなっている)と言ったり、thisをdis(発音が訛っている。なんか日本人の癖と同じで可笑しい)と言ったり。

実はカーメルという街、かなり昔に学会に参加した際に訪れたことがありまして……モントレー在住のT先生が「カーメルまでの海外沿いの景色が見事だから連れて行ってあげる!」と、私と友人を車で送ってくださったのですが……

「帰りは自分たちで戻ってきてね!」と私たちを車からさっさと降ろし、お帰りになってしまったのです。小ぎれいで美しい街中はそれなりにエンジョイしましたが、夕暮れどきにバス停でたった二人きり。ちっとも来ないバスを待ち続けるのが、ちょっぴり不安だったな……

そしてやっと来たバスで無事モントレーに到着。バスの中は、ほとんどがカーメルで働くメキシコ・中南米出身の労働者さんたちでした。みな常連なのでバス到着ギリギリまで現れなかったというわけです。働いて疲れているのか、みな無口なのが印象的でした……

そこでちょっと思い出すのが、今問題になっているトランプ大統領の移民の取り締まりです。西海岸ではほんとうに多くのヒスパニック系の方たちが働いていますから、そのうちの合法な手続きを経ていない方たちを追い返してしまうと、とくにサービス業などのアメリカ経済が成り立っていくのかなあ……と余計な心配をしてしまいますね。

これからしばらく鬱陶しい日々が続きますが、みなさま体調に気を付けてお過ごしください!


再び新著のご紹介です。『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)。最近流行りの「オールイングリッシュ」もよいですが、英語をスラスラ話すために今一度じっくり日本語と英語の違いを見直してはいかがですか?というご提案をしています。英訳の手法も生かしているので、翻訳に興味がある人も必見ですよ。どうぞよろしくお願いします!


c0019088_15095008.jpg

お知らせ:

〇最近、TAS & コンサルティングのHPを更新しました。前より見やすく、わかりやすくなりました!


○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎です!

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。


[PR]
by kerigarbo | 2018-06-26 14:39 | Comments(0)
フランス語レッスン。人が言葉を覚える仕組みの不思議……
c0019088_14002320.jpg


梅雨がはじまり、鬱陶しいですね。

このところ少し暇になったら気が緩んだのか、少々風邪をひきました。

以前告知した、フランス語のレッスン。本格的には秋から教室でと思っていますが、とりあえずRちゃんの家を訪れるS先生の言っていることが少しでもわかればと、写真の本を購入。

フランス語の教科書は意外とたくさん出ているんですね!

といっても、山のように出ている英語の学習書に比べれば雀の涙ほど。アマゾンでレビューを読み、全体的に評判がよく、出版社も定評があるということで、上記の本を選びました。まだCDを聴いていませんが、レイアウトがすっきりと見やすく、効率よく単語が覚えられそうな気がします。

さて、このところ幼児(Rちゃんのこと)がフランス語を学習する姿を観察する機会が何度かあったので、気が付いたことを少し。

まだ字も読めない3才児(もうすぐ4才!)のRちゃん。S先生のチャーミングな口元から発される音だけが頼りです。S先生、何度も繰り返しカードに書かれた文字や数字をRちゃんに見せて覚えさせようとしますが、Rちゃん少し苦戦しています。

次にS先生、自分で絵をつけたカードを持ってきました。すると少しRちゃんの理解度が少し上がったような気がしますが、それでもなかなか難しそう~

これが大人であれば、英語学習で獲得したアルファベットの組み合わせから発音を想像し、脳の記憶装置に取り込むことができます。でも字の読めない子供の場合、音とそれが指すイメージ(具体的なもの、抽象的なもの、の両方)が一致しないため、記憶するのが難しいのだと思います。

そこで、業を煮やしたRちゃんママとS先生、Rちゃんに動きながら単語を覚えさせる方法に切り替えました。たとえば、chanter(歌う)、boire(飲む)、manger(食べる)、courir(走る)などは、ジェスチャーとともに教えることが可能です。

Rちゃんは中でもcourirがとくに気に入っていて、先生がcourirと言うと途端に家の中を走り出し、戻って来てという合図で戻ります。この方法なかなかよいので、来週は「食べる、飲む」などの動作を実際やりながら覚えるとのこと。

まあ、一口で言えば、我々人間は赤ん坊のときから日常の動作と一緒に言葉を覚えるのですが、抽象的な言葉は少し大きくなり、抽象と具象を結び付けられるくらい経験や知識が増したときにはじめて可能となります。小さな子供にとっては、「走る」という言葉のほうが、「元気?」などという言葉より易しいというわけですね。

また幼児の場合、個人レッスンはあまり適していないのかなとも思います。まったくわからない言語でも、クラスにひとりでもわかっている子がいて、先生が何か言うとその子がその動作をする、残りの子は「ああ、そうなんだ」と理解する。何度も繰り返していくうち、最初は無意味だった言葉が子供の脳に定着していきます。大きな兄弟姉妹がいる子がはやく言葉を覚えるのもそういった仕組みが働いているのですね。

英語の学習書を書いている身としては、読者の言葉を学ぶモチベーションをいかにアップさせるかが重要なのですが、今回のフランス語レッスンは、これから始まる自分のレッスンも含めて、極めて興味深いものがあります。そういう意味では、とても楽しみ。

さて、読者のモチベーションをどのくらい上げることができるか、新著のご紹介です。『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)。最近流行りの「オールイングリッシュ」の学習法とは相対するアプローチ。今一度じっくり日本語と英語の違いを見直してはいかがですか?というご提案をしています。英訳の手法も生かしているので、翻訳に興味がある人も必見ですよ。どうぞよろしくお願いします!


c0019088_15095008.jpg

お知らせ:


○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎です!

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。


[PR]
by kerigarbo | 2018-06-10 14:10 | Comments(0)
新しい本が出ました!『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)
c0019088_12134304.jpg


朝早くキンコーンとインターフォンが鳴り、ドアを開けたら『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)が入った箱を抱えた宅急便のお兄さんが立っていました。いつもよりハイトーンで「配達ご苦労様ー」とニンマリ顔の私。

おっ、今回の装丁はなかなかシンプルでいいぞ!と思いながら、自分で書いた本の中身を眺めているところです。

日本人はどうして英語が苦手なのか?-『英語が話せる人 勉強しても話せない人 たった1つの違い』(青春出版社)でもたくさん論じましたが、今回の本はもう少し初級者向けです。

学校ではたぶん教えてくれない(?)日本語と英語の違い(主語の有無、情報の並べ方、結論・説明の順番、文化的な前置きや丁寧語)などをどう処理するか、大まかに5つのタイプに分類し、解決法を探ってみました。

情報の並べ方の簡単な例では、日本語では「納豆はネバネバして臭いもきつい」(p63)をどう訳すか。一見、英語にするのは簡単そうですが、1文に情報が2つ入っているため、その場でさっと英語にできない方も多いです。

こんなときは情報を2つに分け、代名詞、副詞などを使って2文のつながりを保つとよい(→Natto is sticky. It has a strong smell, too.)、というような例がたくさん入っています。

またこの本は、実務で使う英訳のノウハウがヒントになっているため、英語が結構得意な、中級者以上の方でも「へぇ、そうなのか……」とお楽しみいただけるのではないかと思います。

みなさま、書店で見かけたらぜひぜひ手に取ってご覧くださいませ。

アマゾンからも簡単に注文できます。どうぞよろしくお願いします!

先日、町田を探索するフットパスに参加し、興奮冷めやらぬ私ですが、その話は後日に!!


お知らせ:


○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎!

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。





[PR]
by kerigarbo | 2018-05-29 12:54 | Comments(2)
母の日ですね!フランス語をはじめました……
c0019088_12520830.jpg


みなさま、今日は母の日ですね。私のところにも綺麗なお花が届いています。

大きな紫陽花の鉢と、水に浮かべることができるソープのバラのブーケ。食卓用に買っておいた色とりどりのバラの花とあわせると、我が家はまるでお花畑のようです。

写真は、『英語を話せる人 勉強しても話せない人 たった1つの違い』(青春出版社)に出てきたRちゃん。

ディズニーのプリンセスに憧れる乙女なところもありますが、普段はいたって自然児なのであります。

伊豆の某公園で虫取り(小さな蝶々以外、ほとんどいなかったようです。なぜか……)に疲れ、自然に身を任せるRちゃん。草のよい香りに酔いしれているのかもしれないですね。

このRちゃんが今度はフランス語の個人レッスンを受け、トリリンガルを目指す?と聞き、先日Rちゃん宅へ見学に。

若いフランス人のS先生、なかなか教えるのが上手なので、私も来週からレッスンを受けることにしました。大学以来、何十年ぶりのフランス語。幼児用のDVDでも全部は理解できないので、これはきっと頭の体操にいいぞ!

日本ではもっぱら英語学習が主流ですが(というか、英語自体が日本人には難しいので、他の言語を学ぶ余裕がないですね)、複言語主義を標榜するヨーロッパでは、ひとりの人が母語以外に2つくらいの外国語を話せることが多いです。

地政学的、経済的な理由が多分にあるものの、「個人が複数の言語を学びそれぞれを関連づけることで、豊かなコミュニケーション能力を養う」という観点にはとても共感を覚えます。(日本の英語教育の行方と複言語主義については、『英語教育の危機』(鳥飼玖美子、ちくま新書)がわかりやすく説明しているので、関心のある方はぜひ!)

さあ、どうなることか。私のフランス語学習、しばらくしたら経過をご報告しますね。

なお、今回私の新刊についてお知らせるする予定でしたが、アマゾンには現在表紙のみが掲載されています。近く詳細が入るはずなので、後日ぜひご覧になってくださいね。

c0019088_13240053.jpg

では、みなさま。Au revoir! A bientot!(さようなら、またね!)


お知らせ:


○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎!(まもなく再開します!

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。




[PR]
by kerigarbo | 2018-05-13 13:11 | Comments(0)
みなさま、よいGWを!

c0019088_18315991.jpg



いよいよ明日から5月。すでにGW休暇に入られた方も多いかと思いますが……

今朝、ついに脱稿!(実は、ある作品を書いていました)

5月中旬に発売の予定です(次回お知らせします)。

ということで、私のGWは明日から本格的に開始。

少しのあいだ東京を離れ、よい空気をたくさん吸ってきます!

写真は、4月下旬に友人たちと訪れたフレンチベトナム料理、カサブランカシルク。

あいにく曇り空でしたが、新しくなった東京駅前の広場が見渡せ、お料理もとても美味しかったです。

お値段もリーズナブルでかなりお勧めですよ~

では、またGW後に!



お知らせ:


○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎!(ただし、事情によりしばらくお休みする予定です。更新を再開し次第、お知らせします)

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。






[PR]
by kerigarbo | 2018-04-30 18:40 | Comments(0)
心にしみる、チャーチルの言葉。「ウインストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」
c0019088_15401104.jpg



相変わらず多忙の日々ですが、「ウインストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」の初日上映に行ってきました。(それ以来まったくブログを更新する時間がなく、今頃になってしまいましたが……今日はそのご報告)


本作はチャーチルの生涯を描いているわけではありません。第二次世界大戦勃発後、イギリス軍がダンケルクの戦いで苦戦を強いられる中、ヒトラーとの和平交渉か、独自の戦いを貫くかでチャーチルが苦悩する、たった一か月間の姿を描いた作品です。


戦争というもっとも暗い時代(原題はDarkest Hour)、全力で国を守るという強い使命感に燃えながらも、閣内に敵が多かったチャーチル。その彼を励ましていたのは、妻のクレメンタインでした。反対派に囲まれ、首相として国を率いる自信がないチャーチルをこのように励まします。


妻:You are strong because you are imperfect.(欠点があるからこそ、強くなれるのよ)


一方、押し寄せる不安の中で、ふたりは英国人らしいユーモアを忘れずに過ごしていました。ともに初老を迎えたふたり。


妻:Are we terribly old?(私たちって、すごく年をとったわよね……)

チャーチル:Yes, I’m afraid you are.(うん、たぶん君はね)

妻:Oh, you beast! (まあ、ひどい人!)(*beastには「ひどいやつ」という意味がある)

 

 さて、チャーチルの名言はたくさん残っていますが、私の好きな名言の中から2つご紹介します。


Never, never, never give up!(決して、決して、決して諦めるな!)(*筆者訳)


映画の後半、電車の中でチャーチルが庶民に「ともに戦うか、ヒトラーに屈するか?」と質問を投げかける場面があります。みなが口々にNever!(諦めるのは絶対だめ!)と叫び、これによりチャーチルは交渉せずに戦う決心を固めます。


Success consists of going from failure to failure without loss of enthusiasm.(成功とは、どんなに失敗を重ねても、情熱を失なわずに前に進むことである)(*筆者訳)


 この名言は、まさにメイクを担当した辻一弘氏にも共通していると思います。人生は失敗の繰り返しである。しかし決して諦めずに、よりよい方法を常に模索し続けることが成功への道だと。(そのとおりですね。私も頑張ります!)


 実は、映画の中のゲイリー・オールドマンは、実際のチャーチルにはまったく似ていませんでした。でも、映画の中ではまさにチャーチルそのものに見えました。不思議ですね。


俳優、メークアップ担当者をはじめとするスタッフ全員が、Never give up. Don’t lose enthusiasm.(決して諦めるな。情熱を失うな)という強い気持ちで本作に命を賭けた結果ではないか、と心から思いました。みなさまもぜひご覧くださいね。

写真は、先だってサンフランシスコ郊外のサウサリートへ出かけた娘から送られてきたもの。初夏を感じる一枚。



お知らせ:


○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎!(ただし、事情によりしばらくお休みする予定です。更新を再開し次第、お知らせします)

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。



[PR]
by kerigarbo | 2018-04-14 15:38 | Comments(0)
ハッピー・イースター!そして今年の桜……


c0019088_15221666.jpg


諸事情により、このところ大変忙しく更新が遅れました。それでも桜はたっぷり鑑賞いたしましたが、みなさまはいかがでしょうか。

写真は、イースターのワンコだけのエッグハントに参加したウニちゃん。イースターには欠かせないウサギさんとのツーショットです。(Such a lovely pair! 可愛い二人、いえ二匹でしょうか?)

イースターは、こちらのサイトによれば、毎年日程が変わり、今年は4月1日だそうです。「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」(Oh, it's rather confusing! ちょっとややこしいですが……)なんだそうです。少し前に開かれたこのイベント、当日のベイエリアはまだ寒かったみたい。

日本にも最近流行り始めたこの祭り(というか本来はキリスト教の復活祭であり、宗教的な行事なのですが)、隠された色付き卵を探すゲームなど(エッグハント)、春の訪れを楽しむ行事となっています。(ちょっと節分にも似ているかな……)

ウニちゃんとイースターエッグ。たくさんとりましたね!

c0019088_15434297.jpg


さて、季節の訪れを楽しむ行事としては、日本のお花見も負けていません。こちらは宗教色なし。むしろ国民的イベントと言えるでしょう。先日上野を訪れたら、満開の桜を大勢の観光客が数珠つなぎで見学する脇で、これまた大勢の花見客がビニールシートを広げ、ほろ酔い顔で楽しみ姿が……

下は枝垂れ桜。英語では、Weeping Cherry Treeと言います。weepは泣くという意味。垂れ下がっている姿が泣いているように見えるから不思議ですね。

c0019088_15560052.jpg

そろそろ関東の桜も盛りを越え、今週末は駆け込みの方が多いのではないでしょうか。

あともう少しで4月ですね。春はやっぱりいいな~と嬉しくなります。



お知らせ:


○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎!(ただし、事情によりしばらくお休みする予定です。更新を再開し次第、お知らせします)

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。



[PR]
by kerigarbo | 2018-03-30 15:28 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム