ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ワンコ言葉Doggolingo。カーメルのほろ苦い思い出……
c0019088_14231584.jpg


鬱陶しい梅雨の晴れ間。急に暑くなり、サッカーのテレビ観戦の疲れもあって、頭がぼーっとしています。

今日も銀行で、218番の札を持っていたのに128番が呼ばれて窓口に行ってしまったり、払込額を間違えて「お客様、12万円ほど足りません」と言われたり。やっと払ったと思ったら「お客様、日傘をお忘れです!」と行員さんが叫んでいる……散々な一日です。

話題を変えまして、今日は海外のSNSで流行している犬ことば(Doggolingo)について。語尾に-goとか、-er/-noなどをつけて可愛らしさをアピールするものや、bork(本当はbark)みたいにわざとスペルを間違えたものなどあって、とても面白いです。

doggo (ワンちゃん。ワンコ)
pupper(子犬、小さな犬)
pupperino(同上)
floof (フサフサ犬)
bork(bark。吠えること)
blep/blop(舌が口から少し見えている様子、またはそのような犬)
mlem(舌でペロペロする様子)

インスタに添えるテキストとして、こんな感じで使えますよ。

I met this floof at the shopping center today!(今日ショッピングセンターで見つけたフサフサ君です!)

This is our cutest little pupper, Domingo!(これが最高に可愛い我が家のワンコ、ドミンゴ!)

今日の写真のdoggoは、お馴染みのウニちゃん。少し曇り空の下、カーメルの海岸をしみじみと(?)眺めている後ろ姿が可愛いですね。

実は、最近ウニちゃんがインスタを始めました。興味のある方はこちらshibaunimusを覗いてみてください。(テキストが英語で書かれていますから、勉強になると思います!)

私もときどき覗いて、ウニちゃん語を楽しんでいます。

my pawrents(my parentsのこと。pawは動物の足ですから、言葉遊びにもなっている)と言ったり、thisをdis(発音が訛っている。なんか日本人の癖と同じで可笑しい)と言ったり。

実はカーメルという街、かなり昔に学会に参加した際に訪れたことがありまして……モントレー在住のT先生が「カーメルまでの海外沿いの景色が見事だから連れて行ってあげる!」と、私と友人を車で送ってくださったのですが……

「帰りは自分たちで戻ってきてね!」と私たちを車からさっさと降ろし、お帰りになってしまったのです。小ぎれいで美しい街中はそれなりにエンジョイしましたが、夕暮れどきにバス停でたった二人きり。ちっとも来ないバスを待ち続けるのが、ちょっぴり不安だったな……

そしてやっと来たバスで無事モントレーに到着。バスの中は、ほとんどがカーメルで働くメキシコ・中南米出身の労働者さんたちでした。みな常連なのでバス到着ギリギリまで現れなかったというわけです。働いて疲れているのか、みな無口なのが印象的でした……

そこでちょっと思い出すのが、今問題になっているトランプ大統領の移民の取り締まりです。西海岸ではほんとうに多くのヒスパニック系の方たちが働いていますから、そのうちの合法な手続きを経ていない方たちを追い返してしまうと、とくにサービス業などのアメリカ経済が成り立っていくのかなあ……と余計な心配をしてしまいますね。

これからしばらく鬱陶しい日々が続きますが、みなさま体調に気を付けてお過ごしください!


再び新著のご紹介です。『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)。最近流行りの「オールイングリッシュ」もよいですが、英語をスラスラ話すために今一度じっくり日本語と英語の違いを見直してはいかがですか?というご提案をしています。英訳の手法も生かしているので、翻訳に興味がある人も必見ですよ。どうぞよろしくお願いします!


c0019088_15095008.jpg

お知らせ:

〇最近、TAS & コンサルティングのHPを更新しました。前より見やすく、わかりやすくなりました!


○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎です!

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。


[PR]
by kerigarbo | 2018-06-26 14:39 | Comments(0)
<< 文化が違うとおもしろい!英語のサイン フランス語レッスン。人が言葉を... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム