ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
フランス語レッスン。人が言葉を覚える仕組みの不思議……
c0019088_14002320.jpg


梅雨がはじまり、鬱陶しいですね。

このところ少し暇になったら気が緩んだのか、少々風邪をひきました。

以前告知した、フランス語のレッスン。本格的には秋から教室でと思っていますが、とりあえずRちゃんの家を訪れるS先生の言っていることが少しでもわかればと、写真の本を購入。

フランス語の教科書は意外とたくさん出ているんですね!

といっても、山のように出ている英語の学習書に比べれば雀の涙ほど。アマゾンでレビューを読み、全体的に評判がよく、出版社も定評があるということで、上記の本を選びました。まだCDを聴いていませんが、レイアウトがすっきりと見やすく、効率よく単語が覚えられそうな気がします。

さて、このところ幼児(Rちゃんのこと)がフランス語を学習する姿を観察する機会が何度かあったので、気が付いたことを少し。

まだ字も読めない3才児(もうすぐ4才!)のRちゃん。S先生のチャーミングな口元から発される音だけが頼りです。S先生、何度も繰り返しカードに書かれた文字や数字をRちゃんに見せて覚えさせようとしますが、Rちゃん少し苦戦しています。

次にS先生、自分で絵をつけたカードを持ってきました。すると少しRちゃんの理解度が少し上がったような気がしますが、それでもなかなか難しそう~

これが大人であれば、英語学習で獲得したアルファベットの組み合わせから発音を想像し、脳の記憶装置に取り込むことができます。でも字の読めない子供の場合、音とそれが指すイメージ(具体的なもの、抽象的なもの、の両方)が一致しないため、記憶するのが難しいのだと思います。

そこで、業を煮やしたRちゃんママとS先生、Rちゃんに動きながら単語を覚えさせる方法に切り替えました。たとえば、chanter(歌う)、boire(飲む)、manger(食べる)、courir(走る)などは、ジェスチャーとともに教えることが可能です。

Rちゃんは中でもcourirがとくに気に入っていて、先生がcourirと言うと途端に家の中を走り出し、戻って来てという合図で戻ります。この方法なかなかよいので、来週は「食べる、飲む」などの動作を実際やりながら覚えるとのこと。

まあ、一口で言えば、我々人間は赤ん坊のときから日常の動作と一緒に言葉を覚えるのですが、抽象的な言葉は少し大きくなり、抽象と具象を結び付けられるくらい経験や知識が増したときにはじめて可能となります。小さな子供にとっては、「走る」という言葉のほうが、「元気?」などという言葉より易しいというわけですね。

また幼児の場合、個人レッスンはあまり適していないのかなとも思います。まったくわからない言語でも、クラスにひとりでもわかっている子がいて、先生が何か言うとその子がその動作をする、残りの子は「ああ、そうなんだ」と理解する。何度も繰り返していくうち、最初は無意味だった言葉が子供の脳に定着していきます。大きな兄弟姉妹がいる子がはやく言葉を覚えるのもそういった仕組みが働いているのですね。

英語の学習書を書いている身としては、読者の言葉を学ぶモチベーションをいかにアップさせるかが重要なのですが、今回のフランス語レッスンは、これから始まる自分のレッスンも含めて、極めて興味深いものがあります。そういう意味では、とても楽しみ。

さて、読者のモチベーションをどのくらい上げることができるか、新著のご紹介です。『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)。最近流行りの「オールイングリッシュ」の学習法とは相対するアプローチ。今一度じっくり日本語と英語の違いを見直してはいかがですか?というご提案をしています。英訳の手法も生かしているので、翻訳に興味がある人も必見ですよ。どうぞよろしくお願いします!


c0019088_15095008.jpg

お知らせ:


○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎です!

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。


[PR]
by kerigarbo | 2018-06-10 14:10 | Comments(0)
<< ワンコ言葉Doggolingo... 新しい本が出ました!『伝わる英... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム