ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
今日のテーマは「モナリザ・スマイル」より
今日のテーマは「モナリザ・スマイル」より

c0019088_12191738.jpg

(写真)鎌倉の桜(近藤忠義氏提供)

やっと春ウララという感じになってきましたね。先週末の夜、千鳥が淵まで桜を見に行ってきました。今まで我慢していたパワーが一気に全開したのか、お堀端の桜は、濃紺の夜空をバックに溜息が出るほどの見事な咲きっぷり!花の下で宴会している人々も満足そうでした。

新学期を迎える方も多いと思うので、学校がテーマで、私がかつて住んだことのあるボストンが舞台の「モナリザ・スマイル」を紹介します。

新任の美術教師キャサリン(ジュリア・ロバーツ)は、解放的な西海岸より東部の名門女子大ウェルズリー大学に赴任してきます。(ここはボストンの郊外にあり、娘の学校が近かったこともあって、一度だけ訪ねたことがあります。ヒラリー・クリントンさんも当校出身です)

50年代の東部の女子大は良家の子女の花嫁学校だったのですね。生徒たちはいずれも鼻持ちならないのですが、親分格のベティ(キルスティン・ダンスト)は、キャサリンについてナレーションでこう語ります。

She came to Wellesley because she wanted to make a difference.(彼女は、ウェルズリーに変化をもたらすために来たのです)

(make a differenceは「違いや変化をもたらす」という意味で覚えておくと便利)

ところが、保守的な学校はなかなか変わらない。キャサリンはついに校長に暴言を吐いてしまいますが、友人のビルは、次ぎのように励まします。

Don’t worry. Time will heal it.
(心配するなよ。時が解決してくれるよ)

(うーん、時が解決するとは言え、人間はなかなかそう思えないのが現実ですけど・・・)

ボストンはまだまだ寒い時期ですが、もうしばらくすると、乳白色や薄ピンクのdogwood(ハナミズキ)が街中に咲き乱れ、緑も輝いて美しくなります。NYから飛行機で1時間、皆さんも機会があったら、是非訪ねてみてくださいね。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-04-11 12:22 | Comments(7)
今日のテーマは「ブリジッド・ジョーンズの日記 ―きれそうなわたしの12ヶ月」より
c0019088_17252367.gif

(写真)ブリジッド・ジョーンズ2 CDカバー

皆さんお待たせしました。「ブリジッド・ジョーンズの日記―きれそうなわたしの12ヶ月」を見てきました。

さて感想はというと、前作より更に太ったと思われるブリジッドの「負け犬」脱却根性物語は以前にも増して凄い!彼女は相変わらず可愛くて、超可笑しい!そして、本当は結婚したいのに、いざとなると踏み切れない三十路女性の複雑極まりない心の内をレニー・ゼルウィガーが見事に演じておりました。

インテリで、不器用、堅物のマーク(コリン・ファース)に対し、彼を愛しながらも時々疑問が沸いてしまうブリジッド。

I read that you should never go out with someone if you can think of three reasons why you shouldn’t.
(相手に3つ嫌なところがあったら、結婚はやめたほうがいいって、何かに書いてあったわ)

うん、確かにそうかも。(「アリー・マイ・ラブ」でも、アリーが美男子とレストランでデートした時に、彼の口元にドレッシングがついているのを見たとたん、冷めてましたもの)

You fold your underpants before you go to bed.
(あなたは、ベッドに入る前に必ずパンツをたたむし・・・)

と、ブリジッドはマークを非難します。皆さんはこれをどう思います?? これこそ、同棲や結婚してから初めて気づく相手との距離なんですね。パンツ一枚といえども、育ってきた家庭環境、生活感、人生観など、結構反映されております。

ブリジッドは、いつもなぜか上手くいかない自分の恋を次のように表現します。

You think you’ve found the right man, but there’s so much wrong with him, and then he finds there’s so much wrong with you, and then it all just falls apart.
(せっかくいい人が見つかったと思っても、まず彼の欠点が見つかって、そして彼も私の欠点に気づいて、結局、恋が終わりになっちゃうの・・・)

find the right man(woman)(自分にぴったりの人を見つける)という言い方はよくしますので覚えておくと便利。でも、今回のブリジッドの恋は惨めなだけではない。こんな台詞も出てきますので、まだ見てない方はお楽しみに!

I truly believe that happiness is possible…even when you’re thirty-three and have a bottom the size of two bowling balls.
(33才でお尻がボーリング玉2つ分くらいあっても絶対、幸せになれるわ)

(最後に、ヒューのフアンの皆さんごめんなさい。相変わらずのwomanizer(女たらし)で登場する彼もそれなりのいい味だしているし、この映画には欠かせません!)
[PR]
# by kerigarbo | 2005-03-31 17:33 | Comments(15)
今日のテーマは「レイ」より。

c0019088_12213347.gif
(写真) レイ・チャールズ / グレイテスト・ヒッツCDより

今日ご紹介する映画は、先週見てきた「レイ」。盲目の天才歌手レイ・チャールズは、自らのルーツであるブルース、ゴスペル、ジャズにカントリー&ウエスタン、ロックン・ロールなどを融合させ、新しいアメリカンサウンドを次々に生み出していきました。その裏にあったレイの生い立ち、精神的苦悩、女性遍歴などが正直に描かれています。(この映画かなり気に入りました!特にGeorgia On My Mindは胸にしみる・・・)

レイ(ジェイミー・フォックス)は幼いときに目の病気を患い盲目となるのですが、むしろそれが彼の音楽的感性を極限まで磨き上げたのかもしれません。後に妻となるデラ・ビー(ケリー・ワシントン)とレストランで食事をする場面があります。レイは、自分は目でなく耳で見るのだと彼女に説明します。

I hear like you see. Like that hummingbird outside the window, for instance.
(僕は耳で見るんだ。ほら、窓の外にハミングバードがいる)

デラ・ビーが耳を澄ますと、確かに鳥のさえずりが聞こえます。するとレイは、次のように言います。

Her heart just skipped a beat.
(鳥もドキドキしているよ)

つまり、愛しいデラ・ビーへの想いをハミング・バードで代弁しているのですね。(ちなみに、one’s heart skips a beatは、興奮してドキドキするという意味)

そんな繊細さを持ち合わせる一方、レイはビジネス感覚もすぐれていました。例えば、アトランティック・レコードのアーメットに言われたことを受けて、次のように言っています。(我々も見習いましょう!)

Man, you told me if I think pennies, I get pennies. I’m thinking dollars, man.
(小さく考えるなと言ったのは君だろ。俺はでっかいビジネスをしたいんだ)

それから、レイの天才的音楽性や特徴のある仕草などを見事に演じてアカデミー主演男優賞に輝いたジェイミー・フォックスは、黒人男性では3人目の快挙で授賞式でもそのことに触れています。映画では、50年代から60年代における黒人差別とそれに対する戦いが克明に描かれていますが、ジェイミーも時代が違うとはいえ、それと戦ってきたのだと思います。彼の舞台での姿は、単に役者として最高の賞をもらったという喜びだけでなく、人種を代表して輝かしい舞台にいるという誇りに満ちていました。そのジェイミーが、受賞の前に娘に言われた言葉です。

If you don’t win, dad, you’re still good!
(もし勝てなくても、パパはやっぱりすごいわ!)

素敵な親子ですね!!

************************************

Keri先生の
『シネマで見つけた気持ちが伝わる英語表現』(ジャパンタイムズ)好評発売中。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-03-22 12:24 | Comments(8)
今日のテーマは「冬のソナタ」より(番外編)。
c0019088_1545223.gif










(写真)撮影の行われたナミソム島にて。


2月の末に、息子がバンド仲間とソウルに行って来ました。今日は番外編ということで、Winter Sonataという英語名でも有名な「冬のソナタ」を取り上げます。実はこのドラマ、英語字幕が存在することはご存知ですか?このドラマが大好きな友達が、以下の英語字幕を紹介してくれました。

「冬ソナ」11話より-場面は、夜のソウルの街。ユジン(チェ・ジウ)がポラリスのネックレスをミニョン(ペ・ヨンジュン)に返した後、二人は花屋の前の横断歩道で信号が壊れていることに気づきます。

Min-hyung: These days, I feel like I’m waiting for a broken signal.

サンヒョク(パク・ヨンハ)のもとに帰って自分の所にはもう戻らないことを自覚したミニョンの切ない気持ちが表現されています。それに対し、ミニョンが別の横断歩道を渡ろうかと聞くと、ユジンは次のように答えます。

Yoo-jin: The road I should take is already decided. Even though the signal is broken, I feel like this is the road I should take….

サンヒョクと結婚し、ミニョンの元には戻らないと堅く決心したユジンの気持ちが出ています。a broken signal(壊れた信号)がtheir broken relationship(二人の壊れた関係)を比喩的に示していて面白い台詞ですね!-とは友人曰く。

ちなみに、私自身も昨年暮れ、このドラマに(図らずも!)ハマり、全話見てしまいました。典型的なsoap opera(メロドラマ)にも関わらず人を惹きつけるのは、ドラマの盛り上がりとともに決まって流れる、情感に溢れたバラードのせいでしょうか??
[PR]
# by kerigarbo | 2005-03-14 15:43 | Comments(4)
今日のテーマは、「ネバーランド」より
c0019088_11553126.jpg















(写真)Jeremy SpencerさんのデザインによるEnglish Garden. 手前は愛猫のDotty.
(上杉恵美さん提供)

今日は、主演のジョニー・デップがアカデミー主演男優賞候補(残念ながら逃しましたが)になった「ネバーランド」をご紹介しましょう。

20世紀初頭のロンドン、劇作家のジェームズ・バリーが「ピーターパン」をこの世に出すまでの実話を映画化したものですが、この映画を見た誰もがイギリスの公園の美しさに魅了されずにいられません。バリーがケンジントン公園(この写真を探しましたが、ロンドンに行った誰もが持っていませんでした)のベンチでノートにペンを走らせる場面が好きです。(スタバでラテを片手にPCに向かうのとは少々趣が違いますねえ・・・)

でも、そうやって書くバリーの劇は、最初は人気がないのです。ダスティン・ホフマン演じる興行主チャールズが、いったい「芝居(play)」とは何か?とその本質を問う場面があって、バリーは、「遊び(play)」と答えます。英語だとまったく同じ言葉ですが、日本語にするとその違いが出て興味深い。バリーは、その瞬間、芝居は面白くなくちゃあと思うわけで、その発想から「ピーターパン」が生まれたんですね。

父親を亡くして傷つき、大人や社会を信じることのできない少年ピーターをフレディ・ハイモアが演じていますが、その繊細さと大人びた演技は卓越しています。バリーが、

Peter is trying to grow up too fast.(ピーターは早く大人になろうとし過ぎだよ)

と母親のシルヴィア(ケイト・ウィンスレット)に話す場面があります。そういう子供が最近は多いと思いませんか?そんなピーターをわが子のように思うバリーは、「ネバーランドへはどう行くの?」と尋ねるピーターに、

By believing, Peter. Just believe.(ただ、信じればいいんだよ)

と教えます。素直に信じる子供の心を大人はもっと大事に育てるべきですね。

さて、最後にイギリス人の庭好きについて一言。以前、私と一緒に働いていたイギリス人が、「イギリスでは、庭は三度の食事よりも大切だ」と言っていたのを思い出しました。写真は、イギリス人のジェレミー・スペンサーさんが自分でデザインしたご自慢のお庭ですが、悠々と石段を下りる猫のDottyも含めて、何だか心が癒される気がしませんか?

************************************

Keri先生の
『シネマで見つけた気持ちが伝わる英語表現』(ジャパンタイムズ)好評発売中。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-03-03 12:06 | Comments(10)
今日のテーマは、「オーシャンズ12」より
「2作目は1作目を超えない。」とはよく言われること。
オーシャンズ12」も、ある雑誌によれば、前作に比べ、ストーリーが

like champagne poured from a bottle left open too long.
(ボトルを開けてしばらくたったシャンペンのような)


だそうな!?
でも、3人の男たち―クールでユーモラスなダニー(ジョージ・クルーニー)、なぜかいつも食べているラスティ(ブラッド・ピット)、マザコン男(英語では、mama’s boyといいます。)のライナス(マット・デイモン)を同時に楽しめる醍醐味は変わりません。

個人的感想としては、今回は年齢をしきりに気にするダニーが可愛かったです。

”How old do you think I am?”(俺って、何才くらいに見える?)

と若い仲間に聞くと、「48才くらい?」という答えが返ってくる。ちょっとがっかりして、

”You think I’m 48 years old?”(48才に見えちゃう?)

と更に聞くと、「あれ、52才くらいなの?」と言われて益々落ち込むダニー。(クルーニー本人は61年生まれですから50才には程遠いのですが、いつも老けてみえる彼の実話を監督が面白いので取り入れたそうです。「何才に見える?」という質問は禁句のようですね!)

さて、今日は、取り立ててご紹介するいい台詞もないのですが、簡単で便利な表現として次の台詞はどうでしょうか?映画の冒頭、ローマのラスティのアパートで、ラスティがユーロポール捜査官の恋人イザベル(キャサリン・ゼダ・ジョーンズ)に捜査の状況を尋ねるシーン。

How was your day?(今日はどうだった?)

イザベルは、眠そうな声でIt was great.(最高よ)と答えます。それより少し前に、イザベルに似たような質問をされたラスティが、Lousy.(最悪さ)と答えていますが、お茶目なラスティらしい返事ですね。さあ、皆さんの今日一日は、How was your day?



************************************

Keri先生の
『シネマで見つけた気持ちが伝わる英語表現』(ジャパンタイムズ)好評発売中。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-02-25 15:50 | Comments(7)
That’s all I ask of you.


今日のテーマは、「オペラ座の怪人」より。

c0019088_16242481.jpg



















(写真)NYブロードウェイThe Phantom of the Operaのパンフレットより。


 春はまだまだ遠い感がありますが、今月に入って束の間のホッ!を味わっています。(このちょっと前まで、学生さんのレポートに点数をつけたり、年間の成績を出したりと、大学の教師は修羅場を迎えるのです。)

 というわけで、友人と「オペラ座の怪人」を観てきました。「ミュージカル映画は好きじゃないのよねえ・・・」と学生に繰り返し言ってきた私。ところが意外にも、このほぼ台詞のない歌だけの映画(友人はちょっとがっかりしていましたが)が描く「究極の愛の世界」にハマり、サウンドトラックまで買ってしまった!

  「オペラ座の怪人」と言えば、実はリベンジの気持ちもあって観ることにしたのです。それは何年か前のNYでのこと。普段は半額で買えるTKTSの常連ですが、当日時間がなく、44St.にあるMajestic Theaterに直行してsame day tickets(当日券)を買いました。確か80ドルくらい出した(?)記憶があるのですが、案内されたところは、崖のように切り立った後方のmezzanine(中2階席)。立つだけで目眩がし、巨大なシャンデリアも舞台も遥か眼下に。一体全体、下では、What’s going on down there? 

さて、台詞がない映画なので紹介する台詞もないのですが、歌の中から一つ。

Love me, that’s all I ask of you.(愛して欲しい。それだけが望み) 

  クリスティーヌ(エミー・ロッサム)とラウル(パトリック・ウィルソン)が本格的な歌唱力で歌い上げる純愛シーン。それにしても、プリマドンナ役のカルロッタ(ミニー・ドライバー)以外は全員が生で歌っているところがすごい!

  最後に、That’s all I ask of you.は、現実に戻ってこんな場面にも使えます。朝、子供を幼稚園に預けて仕事場に急がなければならない若いママの叫び!

Hurry up and finish your breakfast, honey. That’s all I ask of you!

(早く朝食を済ませてちょうだい。お願い、それだけでいいから!)


************************************

Keri先生の
『シネマで見つけた気持ちが伝わる英語表現』(ジャパンタイムズ)好評発売中。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-02-18 16:27 | Comments(22)
It’ll give you a lift.
今日のテーマは「ショコラ」より。

c0019088_1133025.gif

       NYのGreenwich VillageにあるCaffe Reggioにて。
       チョコとチーズを練りこんだペイストリーとカカオパウダーが
       たっぷりかかったカプチーノ。


 先週の土曜日、バレンタインにちなんだ企画、「ショコラ・ショコラ」という番組を見ました。女優の羽田美智子さんが、フランスやベルギーのショコラ専門店を訪ね、この世の贅を尽くした芸術的ショコラを紹介したり、ショコラの歴史的ルーツを探ったりするのですが、あれを見て私は思ってしまいました。

「ああ、とろけるショコラにどっぷり漬かりたい!」

 印象的だったのは、どの店でもショコラティエが、「ショコラは人を幸せにする」「ショコラは人を感動させる」と口々に言っていたこと。そこで、今日は映画「ショコラ」を紹介します。監督は、私の敬愛するラッセ・ハルストレム。独特な色づかいとファンタジックな音楽、チョコレートの魅力が憎いほど堪能できる不思議な映画ですよ。

 フランスの保守的な小さな町でショコラの店を開いたヴィアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)。そこへ、年老いて心も疲れきったアルマンド(ジュディ・デンチ)がやって来ます。ヴィアンヌがhot chocolate(ココアは英語でこう言います)にchili pepperを振りかけて出すシーン。驚くアルマンドにヴィアンヌが答えます。

It’ll give you a lift. (元気が出るわよ)

 liftとは、もともと物を持ち上げるという意味ですが、気分を高揚させるという意味もあるんですね。イギリスでは、エレベーターのことをliftと言いますが、ただで人の車に乗せてもらうときにも使います。
 例えば、Could I have a lift? (車に乗せてもらえる?)そう言えば、美容整形で顔の皮膚を持ち上げるのもface liftでしたっけ。

 さあ、私は義理チョコも買い終わったので、ガルボお勧めのショコラを求めて、ショコラの旅にでも出ようかな・・・。

************************************

Keri先生の
『シネマで見つけた気持ちが伝わる英語表現』(ジャパンタイムズ)好評発売中。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-02-09 11:21 | Comments(18)
I had the time of my life.
今日のテーマは「恋愛適齢期」より。

c0019088_2263035.gif















(写真)2月のパリ。夜空に浮かび上がるエッフェル・タワー。

 今年もまたバレンタイン・デーが近づいてきました。来週の今頃は、愛する4人の男たち(夫、父と義父、息子)にプレゼントするチョコを求め、銀座のデパ地下をウロウロしている私がいるはずです。

 さて、今日は愛をテーマに「恋愛適齢期」を取り上げます。54才でバツイチ、人気脚本家のエリカ(ダイアン・キートン)が、63才のハリー(ジャック・ニコルソン)と36才のジュリアン(キアヌ・リーヴス)の二人に同時に好かれてしまう話です。(現実にはありそうもないけど、中年女性に勇気を与える映画です。)

 タートルネックで首の皺を隠し、2度と恋することなんてあり得ない! と思っていたエリカ。しかし、年下のジュリアンに、 

You’re incredibly sexy.(君はとてつもなくセクシーだ)

と真剣に告白されます。しかも、30才以上の女性に興味がなく、

women your age(君の年くらいの女性は―)

と、エリカの神経を逆なでするようなことを言うハリーにも、最後には、

You’re a woman to love.(君は愛すべき人だ)

と言わせてしまう。

 そして、この映画は、恋愛と同時に「母と娘の関係」も心温かく描いています。エリカが娘のマリン(アマンダ・ピート)に、自分の恋について涙ながらに語るシーン。

I had the time of my life.(今までにない、最高の喜びを味わったのよ)

「女性は幾つになっても恋が必要で、そのためには傷つくのを恐れてはいけない」と娘に涙ながらに訴えるエリカと、母の女としての熱い思いを理解する娘が抱き合うシーンは最高です!

 ところで、この映画の素敵なところはストーリーだけではありません。映画の中で、エリカは常にパリを意識しています。La Vie en RoseやC’est Si Bonなどのシャンソンが、さりげなく小粋に流れ、学生時代に訪れたパリの街を懐かしく思い出しました。雪の降りしきるパリを舞台にした愛の告白が、これから流行るかもしれませんね。

皆さまも、Happy Valentineをお迎えください。


************************************

Keri先生の
『シネマで見つけた気持ちが伝わる英語表現』(ジャパンタイムズ)好評発売中。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-02-02 22:28 | Comments(9)
You’re the one that’s gonna have to make the dream come true.
c0019088_189214.jpg






「The Magazine of Walnut Hill School、2003年秋・冬号より、夏期講習に参加する少女」



先週末、ある米国の学校が主催したバレエのワークショップ&オーディションのお手伝いをして来ました。リトル・ダンサーたちの輝く眼差し、少しでも上を目指そうという真摯な態度に敬服!付き添いのママたちの熱い思いも伝わってきて感動しました。何で私がバレエに関わっているのかと言えば、It’s a long story!(この表現、事情が複雑で、話すとかなり長くなることを相手に伝える場合や、話すのが面倒な時に言い訳としてよく使います)

オーディションと言えば、最近でこそ日本でもポピュラーになりましたが、アメリカ人は大好きです。野球のリトル・リーグに入るにも、ピッチャーに選ばれる時にも、try-outというオーディションに似たものがありますし、バレエの発表会で大きな役を競う時にもオーディションがあります。(fairness=公平さを重んじるアメリカらしいのですが、公平なのは皆に競うチャンスがあるということだけで、結果はそうでもない・・・)

オーディションと言えば、「スパイダーマン」のMJ(キルスティン・ダンスト)も、女優のオーディションに挑戦しながら食堂で働いていましたね。NYでは、レストランに行くとびっくりするくらい綺麗な男女が給仕をしていることがあります。彼らはブロードウェイや映画出演を目指し、日々頑張っている人たちです。

最後に、明海大学の生徒さんたちの発表で知った映画、「セイブ・ザ・ラストダンス」より台詞を一つ。

You’re the one that’s gonna have to make the dream come true.
(自分の夢を実現できるのは、君自身なんだ!)

大好きな母親の死でバレエダンサーへの道を断念したサラ(ジュリア・スタイルズ)に、恋人のデレクが励まして言う言葉。「8 Mile」の女性版とも言えるこの映画は、黒人社会で生きる白人への逆差別が描かれており、その点が興味深いです。

************************************

Keri先生の
『シネマで見つけた気持ちが伝わる英語表現』(ジャパンタイムズ)
好評発売中。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-01-27 18:19 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム