ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
今日のテーマは、「ザ・インタープリター」より

c0019088_1536533.jpg















(写真)アムステルダムのチューリップ(岩田亮子さん提供)


タイトルに惹かれて観て来ました。通訳者が主役になる映画なんてめずらしいですから。

本当に借り切って撮影したといわれる国連会議室の通訳ブースを見て、同時通訳者をしていた頃を想いだしました。会議の直前、ブースに入ってヘッドフォンをつける瞬間は怖くもあり、適度の緊張感でゾクゾクしたものです。朝がいかに早かろうと、Ladies and gentlemen…と始まった瞬間、眠気も吹っ飛んでしまいます。

会議の始まった後は、ブースの中は戦争状態で、直前に飛び込んでくる原稿にアタフタしたこともありましたっけ。マイクをオフにするのを忘れて「ああ疲れた・・・」なんて言っちゃったことも。通訳者は女性が多いので、たまたまブースにいた3人の通訳者が皆お腹が大きくて、クライアントの爆笑を買ったこともありました。(胎教が会議で流れる英語だなんて、いいのかな、悪いのかな??)

この映画、家政婦ならず通訳は見た、いや聞いた?というお話。国連通訳者シルヴィア(ニコール・キッドマン)が、シークレットサービス捜査官ケラー(ショーン・ペン)に偶然耳にした重大事項を打ち明けますが、真実ではないと否定されてしまいます。You think I’m making it up?(私が作り話をしてるとでも言うの?)と憤慨するシルヴィア。make it upは、話をでっち上げるという意味。

更に、彼女の過去が気になって不信を拭えないケラーは、次のように言います。

Your profession is playing with words.(君らの職業は言葉遊びをすることだろ?)

ちょっと失礼な発言ですが、肉体的にも精神的にもストレスを強いられる通訳者にとって唯一の醍醐味は、言葉を駆使して世の中をも動かせることかも。ただし、シルヴィアが警告するように、”gone”を”dead”と訳し間違えたら国家間の紛争が起きちゃう可能性があるのですから、守秘義務も含めて大変な仕事だとつくづく思います。

さて、前回掲載したチューリップの写真、畑ではなく、チューリップで有名なKeukenhof公園だったんだそうです。訂正して、お詫びに別のチューリップの写真を掲載させていただきました。岩田さん、ありがとう!
[PR]
# by kerigarbo | 2005-05-28 15:47 | Comments(2)
今日のテーマは、「クローサー」より


c0019088_701791.jpg














(写真) アムステルダム、Keukenhof公園(岩田亮子さん提供)


初夏の日曜日の朝、人影のない都会のビルの谷間を歩き、一人映画館に向かいました。(ゆっくり起きてコーヒーをじっくり味合う日曜日の朝もいいけれど、やや冷たい空気の中、誰の視線も浴びずにアスファルトの上を闊歩する自由さも結構好きです・・・)

行き着いた先で観たのは「クローサー」。私の好きなジュリア・ロバーツジュード・ロウが出ているのだからと楽しみにしておりました。さて感想とは言うと、これが結構シリアスな内容。軽いラブストーリーではなく、4人の男女の間に繰り広げられる愛への欲望や嫉妬、真実のもたらす苦悩などが複雑に描かれています。

でも、舞台劇の映画化だけあって、会話そのものは軽妙で面白いですよ。その中から、職業に関する会話を紹介しましょう。

アリス(ナタリー・ポートマン)に「職業は?」と聞かれてダン(ジュード・ロウ)は、I’m sort of…journalist.(まあ、新聞記者だけど)と答えます。「何の担当?」としつこく聞き返されると、I write obituaries.(死亡記事さ) (死亡記事担当記者のことをobituaristと言いますが、確かにjournalistには違いないし、そのほうがカッコよく響くのも不思議ですね)

そのダンもアンナ(ジュリア・ロバーツ)が結婚するラリー(クライブ・オーウェン)の職業のことになると、So, he’s a dermatologist. Can you get more boring than that? (皮膚科か。平凡極まりないね)と悪口を言います。皮膚科や眼科でなく、heart surgeon (心臓外科医)だったら、カッコいいのかな??

上の写真は、友人の岩田亮子さんが最近送ってくれました。アムステルダムのチューリップで有名なKeukenhof公園の写真です。目が覚めるほど綺麗でしょう!心が和みますね。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-05-22 17:20 | Comments(2)
今日のテーマは、「アバウト・アダム-アダムにも秘密がある」より


5月はなぜか下旬まであまり見たい映画がないので、今日はDVDより「アバウト・アダムーアダムにも秘密がある」を紹介します。

実は、この映画、イ・ビョンホン、チェ・ジウ主演の「誰にでも秘密はある」の原作らしいです。結婚願望があるルーシー(ケイト・ハドソン)は、ついにperfect guyのアダム(スチュアート・タウンゼント)にめぐり合うのですが、このアダムとルーシーの姉たちが奇妙な恋愛ゲームを繰り広げます。では、その中から台詞を一つ。

In fact, Adam didn't even come on to me.(実際、アダムは迫ってもこなかったの)

come on toは、誰かに言い寄る、迫るという意味です。アダムの紳士ぶりにすっかりハマってしまうルーシーですが・・・。

このモテモテアダム、相手を自分に夢中にさせるコツは、雨とジャガーなんだそうな。(そう言えば、夫と初めて会った時、小さいけれど真っ白な新車で現れたのには少々影響されたかもしれません・・・)

世の中のまだパートナーの見つかってない皆さん、良くも悪くも参考にしましょう。ただし、結婚を直前に控えたカップルは、この映画見ないほうが無難です。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-05-15 12:36 | Comments(6)
今日のテーマは、「さよなら、さよならハリウッド」より
c0019088_10161625.jpg






(写真)ウディ・アレンが愛してやまぬNY。セントラルパークの夏の一日。


ゴールデン・ウィークもそろそろ終盤に。ウディ・アレンが格別好きなわけではないけれど、彼と言えば私の大好きなNY。さっそく「さよなら、さよならハリウッド」を観てきました。

A has-been film director(落ち目の映画監督)ヴァル(ウディ・アレン)は、元妻のエリー(ティア・レオーニ)から、映画製作を任されます。This is a big shot for me. (チャンスだから頑張るぞ!)と張り切るヴァルですが、ついつい、彼を捨てて金持ちのプロデュサーに走った妻に対する恨み節が炸裂!「捨てる」「フル」には、leave someone、もっとくだけて dump someoneなど、色々な表現がありますが、次のはいかがでしょう?

You dump me and move to Beverly Hills.(君は僕を捨て、ベバリーヒルズに行っちゃったんだ)

ところで、NYを代表するウディ・アレンと言えば、私は数年前にカーネギー・デリで食べたサンドイッチが忘れられません。このデリでは、有名人の名のついたサンドイッチが食べられますが、極めつけが、下の写真の「ウディ・アレン・サンド」。

c0019088_101875.jpg


そのボリュームと来たら、Oh, my God! 一緒に取材をしていた同僚とシェアする予定でしたが、彼女、小さな薄いライ麦パンに挟まれた大量のローストビーフを見た途端、「私、牛肉だめなの」。

NYに着いて以来、やや胃腸の具合がおかしかった私が何とか半分食べたのですが、その後のスタテン島へのフェリーの中でどうなったかは、ご想像にお任せします。

NYもそろそろ初夏の緑が眩しいのでしょうか? 日本も今が一番美しい季節。隣のビルのガーデンに咲き誇る真っ赤なazalea(ツツジ)や白いdogwood(ハナミズキ)を眺めつつ、大好きな初夏を満喫している私です。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-05-05 10:25 | Comments(2)
今日のテーマは、「Shall We Dance?」より


連休がスタートした今日、新学期で忙しかった大学も休みに入り、翻訳の仕事も一区切りついて映画館へいざ。観たのは、「Shall We Dance?」 でした。

この映画、なぜ日本版がアメリカでヒットしたのか常に疑問だったんです。満員電車で職場に通う毎日、刺激のない生活の繰り返しに疲れた日本のサラリーマンの哀愁がアメリカ人に伝わるのかなあ、お茶漬けの感覚がどう理解されるのかなど・・・。

でも、これが結構アメリカ人のハートを掴んだんですね。知り合いのアメリカ人いはく、It's the second best movie I've ever seen.(今までに見た映画の中で2番目に好き!とのこと。一番は何だったのかは聞きませんでしたが)

今回のアメリカ版で、主人公のジョン(リチャード・ギア)は意外と違和感がありません。電車の中から見上げたダンス教室(英語では、社交ダンスのことをballroom dancingと言います)の窓辺に佇むポリーナ(ジェニファー・ロペス)に魅せられて、教室に飛びこみ、

Are you here for lessons? (レッスンを受けにいらしたのですか?)

とハスキーボイスで言われるままに、その場で入門コースに入ってしまいます。

この映画では、結婚とは何か?夫婦とは何か?が本当によく描かれています。夫の不審な行動に疑問を持つ妻(スーザン・サランドン)に対し、ジョンが、僕の人生の中で一番大切なことは、You are happy with me.(君が僕と結婚していて幸せであること)と真剣に言うところでは、隣の中年夫婦が涙をさらりと拭う姿も。

またタキシードに赤いバラを持ってエスカレーターでジョンが上がってくるシーン。妻のところに赴き、My partner is right here.(僕の相手はここにいるよ)という姿は、何とかっこいいのでしょう。「愛と青春の旅立ち」以来フアンのギアには、すっかり惚れ直してしまいました!

そう言えば、周防監督の「”Shall we ダンス?”アメリカを行く」(太田出版)は、映画に対する日米の考え方の相違や字幕の工夫などが描かれていて面白かった。今度はアメリカ版に関するものが出ているようです。是非読んでみてください。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-04-29 22:14 | Comments(9)
今日のテーマは、「キューテイ・ブロンド」より
c0019088_10432681.jpg













(写真)ロースクールではありませんが、ハーバード・ビジネススクール構内


今日のテーマも、新学期にちなんで学校系でいきましょう。映画「キューテイ・ブロンド」です。これは、西海岸のお軽いブロンド娘エル・ウッズ(リーズ・ウィザースプーン)が、ボーイフレンドに振られて一念発起し、東部の名門ハーバード・ロースクールに入ってしまうお話です。

この映画の面白さは、アメリカ東部と西部のカルチャーの違いを見事に皮肉っているほか(「モナリザ・スマイル」もそうでした)、人間が、容姿、服装、肩書きなど、見かけにどんなに左右されるかという傾向を痛快に描いているところです。

東部のエリートを家族に持つワーナーに別れを告げられたエルは、ショックを受けます。

You’re breaking up with me because I’m too…blonde.
(私が、軽すぎるから別れるってわけ?)

break up with someoneは、恋人と別れるという意味。この場合のblondeは、髪の毛の色だけでなく、頭が悪いことの比喩ですね(もちろん、これは一種の偏見というかステレオタイプですが)。そこでエルは、決心します。

Going to Harvard is the only way I’m going to get the love of my life back.
(彼の愛を取り戻すためには、ハーバードに行くしかない!)

その後ハーバードに入ったエルは、周囲がびっくりするほど、あらゆる問題を次から次へと天性の機転で解決していくのです。エルの最後の言葉。

First impressions are not always correct, you must always have faith in people, and most importantly, you must always have faith in yourself.
(第一印象はいつも正しいわけじゃないわ。大事なのは、人を信じること。そして一番大事なのは、自分自身を信じるってことね)

軽そうな映画に見えて、なかなか内容の深い作品です。そう言えば、主役のリーズはスタンフォード大学の卒業生らしい・・。ピンクを好み、ど派手なブランドファッションで固めたエルの時はそう見えませんね。
First impressions are not always correct.
です!
[PR]
# by kerigarbo | 2005-04-20 10:51 | Comments(5)
今日のテーマは「モナリザ・スマイル」より
今日のテーマは「モナリザ・スマイル」より

c0019088_12191738.jpg

(写真)鎌倉の桜(近藤忠義氏提供)

やっと春ウララという感じになってきましたね。先週末の夜、千鳥が淵まで桜を見に行ってきました。今まで我慢していたパワーが一気に全開したのか、お堀端の桜は、濃紺の夜空をバックに溜息が出るほどの見事な咲きっぷり!花の下で宴会している人々も満足そうでした。

新学期を迎える方も多いと思うので、学校がテーマで、私がかつて住んだことのあるボストンが舞台の「モナリザ・スマイル」を紹介します。

新任の美術教師キャサリン(ジュリア・ロバーツ)は、解放的な西海岸より東部の名門女子大ウェルズリー大学に赴任してきます。(ここはボストンの郊外にあり、娘の学校が近かったこともあって、一度だけ訪ねたことがあります。ヒラリー・クリントンさんも当校出身です)

50年代の東部の女子大は良家の子女の花嫁学校だったのですね。生徒たちはいずれも鼻持ちならないのですが、親分格のベティ(キルスティン・ダンスト)は、キャサリンについてナレーションでこう語ります。

She came to Wellesley because she wanted to make a difference.(彼女は、ウェルズリーに変化をもたらすために来たのです)

(make a differenceは「違いや変化をもたらす」という意味で覚えておくと便利)

ところが、保守的な学校はなかなか変わらない。キャサリンはついに校長に暴言を吐いてしまいますが、友人のビルは、次ぎのように励まします。

Don’t worry. Time will heal it.
(心配するなよ。時が解決してくれるよ)

(うーん、時が解決するとは言え、人間はなかなかそう思えないのが現実ですけど・・・)

ボストンはまだまだ寒い時期ですが、もうしばらくすると、乳白色や薄ピンクのdogwood(ハナミズキ)が街中に咲き乱れ、緑も輝いて美しくなります。NYから飛行機で1時間、皆さんも機会があったら、是非訪ねてみてくださいね。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-04-11 12:22 | Comments(7)
今日のテーマは「ブリジッド・ジョーンズの日記 ―きれそうなわたしの12ヶ月」より
c0019088_17252367.gif

(写真)ブリジッド・ジョーンズ2 CDカバー

皆さんお待たせしました。「ブリジッド・ジョーンズの日記―きれそうなわたしの12ヶ月」を見てきました。

さて感想はというと、前作より更に太ったと思われるブリジッドの「負け犬」脱却根性物語は以前にも増して凄い!彼女は相変わらず可愛くて、超可笑しい!そして、本当は結婚したいのに、いざとなると踏み切れない三十路女性の複雑極まりない心の内をレニー・ゼルウィガーが見事に演じておりました。

インテリで、不器用、堅物のマーク(コリン・ファース)に対し、彼を愛しながらも時々疑問が沸いてしまうブリジッド。

I read that you should never go out with someone if you can think of three reasons why you shouldn’t.
(相手に3つ嫌なところがあったら、結婚はやめたほうがいいって、何かに書いてあったわ)

うん、確かにそうかも。(「アリー・マイ・ラブ」でも、アリーが美男子とレストランでデートした時に、彼の口元にドレッシングがついているのを見たとたん、冷めてましたもの)

You fold your underpants before you go to bed.
(あなたは、ベッドに入る前に必ずパンツをたたむし・・・)

と、ブリジッドはマークを非難します。皆さんはこれをどう思います?? これこそ、同棲や結婚してから初めて気づく相手との距離なんですね。パンツ一枚といえども、育ってきた家庭環境、生活感、人生観など、結構反映されております。

ブリジッドは、いつもなぜか上手くいかない自分の恋を次のように表現します。

You think you’ve found the right man, but there’s so much wrong with him, and then he finds there’s so much wrong with you, and then it all just falls apart.
(せっかくいい人が見つかったと思っても、まず彼の欠点が見つかって、そして彼も私の欠点に気づいて、結局、恋が終わりになっちゃうの・・・)

find the right man(woman)(自分にぴったりの人を見つける)という言い方はよくしますので覚えておくと便利。でも、今回のブリジッドの恋は惨めなだけではない。こんな台詞も出てきますので、まだ見てない方はお楽しみに!

I truly believe that happiness is possible…even when you’re thirty-three and have a bottom the size of two bowling balls.
(33才でお尻がボーリング玉2つ分くらいあっても絶対、幸せになれるわ)

(最後に、ヒューのフアンの皆さんごめんなさい。相変わらずのwomanizer(女たらし)で登場する彼もそれなりのいい味だしているし、この映画には欠かせません!)
[PR]
# by kerigarbo | 2005-03-31 17:33 | Comments(15)
今日のテーマは「レイ」より。

c0019088_12213347.gif
(写真) レイ・チャールズ / グレイテスト・ヒッツCDより

今日ご紹介する映画は、先週見てきた「レイ」。盲目の天才歌手レイ・チャールズは、自らのルーツであるブルース、ゴスペル、ジャズにカントリー&ウエスタン、ロックン・ロールなどを融合させ、新しいアメリカンサウンドを次々に生み出していきました。その裏にあったレイの生い立ち、精神的苦悩、女性遍歴などが正直に描かれています。(この映画かなり気に入りました!特にGeorgia On My Mindは胸にしみる・・・)

レイ(ジェイミー・フォックス)は幼いときに目の病気を患い盲目となるのですが、むしろそれが彼の音楽的感性を極限まで磨き上げたのかもしれません。後に妻となるデラ・ビー(ケリー・ワシントン)とレストランで食事をする場面があります。レイは、自分は目でなく耳で見るのだと彼女に説明します。

I hear like you see. Like that hummingbird outside the window, for instance.
(僕は耳で見るんだ。ほら、窓の外にハミングバードがいる)

デラ・ビーが耳を澄ますと、確かに鳥のさえずりが聞こえます。するとレイは、次のように言います。

Her heart just skipped a beat.
(鳥もドキドキしているよ)

つまり、愛しいデラ・ビーへの想いをハミング・バードで代弁しているのですね。(ちなみに、one’s heart skips a beatは、興奮してドキドキするという意味)

そんな繊細さを持ち合わせる一方、レイはビジネス感覚もすぐれていました。例えば、アトランティック・レコードのアーメットに言われたことを受けて、次のように言っています。(我々も見習いましょう!)

Man, you told me if I think pennies, I get pennies. I’m thinking dollars, man.
(小さく考えるなと言ったのは君だろ。俺はでっかいビジネスをしたいんだ)

それから、レイの天才的音楽性や特徴のある仕草などを見事に演じてアカデミー主演男優賞に輝いたジェイミー・フォックスは、黒人男性では3人目の快挙で授賞式でもそのことに触れています。映画では、50年代から60年代における黒人差別とそれに対する戦いが克明に描かれていますが、ジェイミーも時代が違うとはいえ、それと戦ってきたのだと思います。彼の舞台での姿は、単に役者として最高の賞をもらったという喜びだけでなく、人種を代表して輝かしい舞台にいるという誇りに満ちていました。そのジェイミーが、受賞の前に娘に言われた言葉です。

If you don’t win, dad, you’re still good!
(もし勝てなくても、パパはやっぱりすごいわ!)

素敵な親子ですね!!

************************************

Keri先生の
『シネマで見つけた気持ちが伝わる英語表現』(ジャパンタイムズ)好評発売中。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-03-22 12:24 | Comments(8)
今日のテーマは「冬のソナタ」より(番外編)。
c0019088_1545223.gif










(写真)撮影の行われたナミソム島にて。


2月の末に、息子がバンド仲間とソウルに行って来ました。今日は番外編ということで、Winter Sonataという英語名でも有名な「冬のソナタ」を取り上げます。実はこのドラマ、英語字幕が存在することはご存知ですか?このドラマが大好きな友達が、以下の英語字幕を紹介してくれました。

「冬ソナ」11話より-場面は、夜のソウルの街。ユジン(チェ・ジウ)がポラリスのネックレスをミニョン(ペ・ヨンジュン)に返した後、二人は花屋の前の横断歩道で信号が壊れていることに気づきます。

Min-hyung: These days, I feel like I’m waiting for a broken signal.

サンヒョク(パク・ヨンハ)のもとに帰って自分の所にはもう戻らないことを自覚したミニョンの切ない気持ちが表現されています。それに対し、ミニョンが別の横断歩道を渡ろうかと聞くと、ユジンは次のように答えます。

Yoo-jin: The road I should take is already decided. Even though the signal is broken, I feel like this is the road I should take….

サンヒョクと結婚し、ミニョンの元には戻らないと堅く決心したユジンの気持ちが出ています。a broken signal(壊れた信号)がtheir broken relationship(二人の壊れた関係)を比喩的に示していて面白い台詞ですね!-とは友人曰く。

ちなみに、私自身も昨年暮れ、このドラマに(図らずも!)ハマり、全話見てしまいました。典型的なsoap opera(メロドラマ)にも関わらず人を惹きつけるのは、ドラマの盛り上がりとともに決まって流れる、情感に溢れたバラードのせいでしょうか??
[PR]
# by kerigarbo | 2005-03-14 15:43 | Comments(4)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム