ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
夏休みはお気に入りのDVDで

夏本番真っ盛りです。

しばらくぶりに大学時代の友人からメールをもらうと、ちょうどフィンランドと
エストニアの旅より戻ったばかりとのこと。化学物質に弱い彼女には、エコロジー
意識が高い両国が、まさに天国のように感じられたとのことでした。

北欧といえば、かつてデンマークに1時間ほど飛行機の空き時間滞在し、路面電車に乗ったり、人魚姫の像を眺めたりしたことがありましたっけ・・・。
私も行きたいなあ。
(まあ、毎日こう暑くては、つい涼しげな国に興味が向いているだけかもしれませんが・・・)

さて、夏休みは概して映画館はお子様向けの映画ばかり。
こんなときは、見逃したばかりの新作や、普段は絶対見ない旧作のDVDを家でゆっくり鑑賞するのはいかがでしょう?

旧作といえば、私の好きな「ローマの休日」の中に一つ気に入った台詞があります。
髪をショートにし、ジェラートに舌鼓を打つ王女(オードリー・ヘップバーン)が、「そろそろ帰らねば」と言うと、新聞記者のジョー(グレゴリー・ペック)が、次のように誘います。
(灼熱のローマの太陽の下でとろけそうなジェラートを食べるっていうのもいいですねえ!!)

Live dangerously, take the whole day.(羽目をはずして、丸一日遊ぼうよ!)

もっとも、王女にとっては、sit in a sidewalk café, look into shop windows, walk in the rainなど、普通の人が何気にやることがlive dangerouslyなのです。

しかしながら、本当の王女と見間違うほどの気品があるオードリーだからこそ、この台詞が生きてくるのだと思いますね。
つい最近観た、「プリティ・プリンセス2」では、普通の女の子がプリンセスになってしまい、そのギャップが可笑しく描かれています。主役のアン・ハサウェイはやや太めで、ものすごくキュートですが、元々王女である役をそれらしく演じられる女優はオードリー以外にいないかもしれない・・・と改めて思いました。

では、皆様もどうぞ楽しい夏を。
私は、せいぜい「皇帝ペンギン」でも観て、涼しさを味わってくることにします!
[PR]
# by kerigarbo | 2005-08-06 10:22 | Comments(0)
今日のテーマは、「アルフィー」より

c0019088_834466.jpg



















映画好きの息子によると、女性の好きな俳優は、ジョニー・デップ、
ジュード・ロウ、キアヌ・リーヴス、オーランド・ブルーム、ヒユー・グラント
の5人だそうな・・・。

それを確かめに行ったわけではありませんが、「アルフィー」を観てきました。
アラン・ドロンの再来(?)とも言われ、最近、もっともセクシーな男優に選ばれた
ジュード・ロウ。(写真 「ピープル」表紙より)
その彼が、大画面いっぱいに独白形式で視聴者に語りかけるこの映画、
彼のファンにはたまりませんね。

ジュード・ロウがプレイボーイの軽い二枚目を演じるのは、これが初めてではありませんが、英語では、軽い、浅薄な男を指して、He’s shallow.と言います。よくヒュー・グラントが演じていますね。

(でも、単なる浮気男の華麗なる愛の遍歴物語ではない。「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンが演じた主人公の軽さの裏に漂っていた哀しさが、ジュード演じるアルフィーにもある・・・)

誰かにcommitすること(この場合では結婚)を嫌い、彼を真剣に愛するジュリーに対しても、Julie hasn’t got enough of the superficial things that really matter.(僕にとって一番大事な外見が地味過ぎる)と相手にしないアルフィー。
I’m single. Unattached, free as a bird.(僕は独身。何にも属せず、鳥みたいに自由だ!)と豪語するのです。

でも、そのアルフィー、数々の女性と付き合い、傷つけ合う中で、本当の愛とは何かに気づいていく。
But I don’t have peace of mind.(でも、僕には、心の安らぎがない)、If you don’t have that, you’ve got nothing.(それがなけりゃ、人生じゃない)・・・。

結構可笑しくて、同時に哀しいこの映画、ジュード・ロウのフアンでなくても是非ご覧ください。音楽もお馴染みの「アルフィー」他、バラエティに富んでいて、すごく楽しめます。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-07-29 08:46 | Comments(6)
今日のテーマは、「舞台よりすてきな生活」より

昨日、歯医者さんの帰りにツタヤへ寄ると、DVDを2枚借りた直後に店員がこう言いました。「明日より2日間、半額になります」(うーん、何で借りる前に言ってくれないの!)

暑い夏は、映画館に行くのもちょっと・・・という方に、そのうちの1枚を紹介しましょう。(ただし、これは半額に関係のない新作ですが)

LA郊外に住む、英国人劇作家のピーター(ケネス・ブラナー)と、子供が欲しくてたまらないダンス教師のメラニー(ロビン・ライト・ペン)。
所構わず喫煙し、子供嫌いを自認するピーターだが、子供がいる設定の台詞を書くことができない。そこで、庭でおままごと(英語では、play houseと言います)を楽しむ、隣の少女エイミーの相手をすることに・・・。

It’s Earl Grey… I hope you’ll like it.(アールグレイよ。お好きだといいけど)と、ちょっぴり大人びたエイミーが、オモチャのティー・カップにお茶を注ぐ振りをします。
Would you like some more?(もっといかが?)と尋ねるエイミーに、まだいっぱい入っているから結構!と、ピーターはつい大人の受け答えをしてしまうのです。

次々と失態を演じるピーターに、エイミーがDon’t you know how to pretend?(演じ方を知らないの?)
台詞を書くことが商売のピーターがタジタジになる様が本当に可笑しい。

ケネス・ブラナーの演技もさることながら、「フォレスト・ガンプ」のロビン・ライト・ペンが実にキュートですよ。How to Kill Your Neighbor’s Dog.というオリジナルタイトルの理由も、映画を観るとわかります。

ただし、この映画は、家に誰もおらず、エンドレスに時間がある時がいいかも。
部屋をクーラーでたっぷり冷やし、ミルクたっぷりの熱いアールグレイを飲みながら観ると、きっと楽しめます。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-07-23 17:02 | Comments(5)
今日のテーマは、「サイドウェイ」より
c0019088_22174429.gif




















(写真)映画にも登場する銘酒「オーパス・ワン」

今日は、最近の派手なハリウッド映画でもない、NYの垢抜けた男女の話でもない、
でも、年を重ねたワインのように奥深い味わいのある映画「サイドウェイ」を紹介します。

主人公は、小説家志望、離婚して傷心のマイルス(ポール・ジアマッティ)と、
プレイボーイ人生にピリオドを打ち、結婚を目前に控えた俳優ジャック
(トーマス・ヘイデン・チャーチ)。

人生も半ばに差し掛かった、イイ年の男二人が、カリフォルニアのワイナリーを旅しながら、可笑しく、哀しく、生きる意味を考え自分探しをするというお話。

(そして、映画を通じてずっと、マイルスがワインに関するウンチクを披露し続ける。
これって、ワイン会社の陰謀か?? でも、ワインの知識が確実に増えます)

映画の中では、Half of my life is over and I have nothing to show for it.
(人生も半ばを過ぎて、俺は何も誇れることがない)と己の不甲斐なさを嘆くマイルスが、
旅先で自分と同じくらいワイン好きな素敵な女性マヤ(ヴァージニア・マドセン)と
出会います。

このマヤという女性、自らも悲しい過去を持ちながら、人生をしっかり見つめている。
 A bottle of wine is like life itself.(一本のワインは人生みたいよ)
-it grows up, evolves and gains complexity.
(だんだんと成長し、発展し、複雑さを増していくの) 「だから味わいがあるのだ」と
マイルスに語る場面が実にいいですよ!

この映画、サンフランシスコに住む、私たち夫婦の友人マイク・モイル氏に
かねてから観るよう勧められていました。彼は無類のワイン好き。

(以前、西麻布の某レストランにお連れした時も、メニューに日本人の名前がついたワインを見つけ、得意の日本語でソムリエと話を始めましたが、何とカリフォルニアでワイナリーを営む日本人の作ったワインでした!)

溢れる太陽の光と豊かな大地に育まれたカリフォルニアのワイン畑。
「サイドウェイ」のように、ちょっぴり横道に逸れながらも、のんびりと旅できたらいいなと思います。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-07-13 22:19 | Comments(0)
今日のテーマは、「マンハッタン殺人ミステリー」より

c0019088_15726.gif















重苦しい梅雨の一日は、家の中でぬくぬくとコーヒーをすすりながら
好きなDVDでも見るのが一番。

さて、少々仕事で疲れ気味で、外に出るのも面倒くさい私が家の中で見つけたのが
ウディ・アレンの「マンハッタン殺人ミステリー」。
こういう鬱陶しい日には、サスペンス・コメディーがぴったりと
一人でお気に入りの黒いソファに座り込みました。

映画は、90年代初頭のマンハッタンなのでやや古いですが、独特なNYの香りは
前回ご紹介した「メリンダとメリンダ」とほぼ変りません。
赤レンガのアパートメント、黒い鋳鉄のフェンス、週末の駐車場で開かれる蚤の市
-日本に居ながらNYへ舞い戻ったような気分になります。

いつものアレン作品のように、小気味いいテンポで殺人事件が展開していくのですが
同時に、事件に巻き込まれる中年夫婦、ラリー(ウディ・アレン)とキャロル
(ダイアン・キートン)夫婦の間にも、長い結婚生活に小さな危機が・・・。

Do you still find me attractive? (私って、まだ魅力的?)

隣の老夫婦を見て、自分の将来を思い浮かべ、まだ自分には女性らしさが
残っているのかと夫に問うキャロル。

更に、We are not turning into a pair of comfortable old shoes, are we?
(私達って、まだマンネリ夫婦じゃないわよね?)と夫に念を押します。

お互いが空気のようになった夫婦関係を、古い履きなれた靴に例えるなんて、
ぴったりではありませんか。 (映画の中では、男友達と仲の良いキャロルにちょっぴり
ジェラシーを燃やすラリー役のアレンの演技が絶妙です!)

ところで、写真のアジサイ(夫撮影)は漢字で紫陽花と書き、「元気な女性」、「辛抱強い愛情」などの意味が。英語のhydrangeaには、「冷淡」の意味も。

時期によって色が微妙に移り変わるアジサイは、「移り気」なんて意味があってもよいのではと思いますが・・・。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-07-06 15:16 | Comments(4)
今日のテーマは、「メリンダとメリンダ」より



先日より公開の「メリンダとメリンダ」。NY大好き人間の私は、さっそく観て来ました。

舞台は、マンハッタンの南、ミート・マーケット地区にあるフレンチ・ビストロPastis(パスティス)。二人の劇作家が、メリンダという架空の女性を題材にして、それぞれ悲劇と喜劇のラブ・ストーリーを考え出すところから始まります。

ところで、このPastisという店、どこかで見覚えがあるような??と思ったら、英語教材「マイ・ニューヨーク・スケッチブック」の取材でNYを訪れた際、人気トラベル・コーディネーターのM氏が私達を案内してくれた場所でした。

さっそく、同行した共著者に当時のことを確かめたところ、彼女からこんな返事が。「チェルシーの南にあって、シックなフランスのカフェ風の店で、ドアや床がアンティークなこげ茶色の木製でした。インテリアは確かフランスから取り寄せたとMさんが言っていました」

ウディ・アレンと言えば、ウィットに溢れた台詞で有名です。映画の中では、Life is short. Life is unpredictable.など、人生を語る言葉がキーフレーズになります。人生は、おそらく、how to look at it(どういう見方をするか)で、喜劇にもなり、悲劇にもなりうる・・・(アレンはその辺を言いたいのかどうかわかりませんが、とにかく面白い映画ですので、ご覧あれ!)

では、映画の予告編にも紹介されている場面より、恋愛に役に立つ会話を一つ。メリンダ(ラダ・ミッチェル)の二人の親友は、彼女に歯医者の彼氏を紹介しようと目論みますが、メリンダは、予想外にピアニストのエリス(キウェテル・イジョフォー)に好意を持ってしまいます。

Can I get to know you better? (君のこと、もっと知りたいな・・・)

You can certainly have my number.(電話番号を教えるわ)

ただし、この後のことに関しては、私は責任持ちませんので、悪しからず!
[PR]
# by kerigarbo | 2005-07-02 21:13 | Comments(2)
今日のテーマは、「五線譜のラブレター」より

c0019088_14215689.jpg















(写真)ティファニー再登場。ボーイフレンド(?)のジャスミンと(なぜか
女の子の名前)。 外を眺めながら、何を語っているのかなあ?


今日は、以前「モナリザ・スマイル」の時に写真を提供いただいた近藤氏お勧めの作品、「五線譜のラブレター」を紹介します。

映画は、「キスミー・ケイト」「エニシング・ゴーズ」など不朽の名作ミュージカルや数々の映画音楽で有名な巨匠、コール・ポーターの生涯をその名曲とともに綴った作品。
主演は、ポーター(ケビン・クライン)と妻リンダ(アシュレイ・ジャッド)。有名歌手も続々登場します。

今日ご紹介する英語は、ポーターがミュージカルの振り付けの指導中に団員たちに言う台詞。(大学の通訳クラスで、母音や子音の発音指導をしているため、この台詞が少々気になりました!)

And chorus…keep those consonants crisp! (コーラスは、子音を歯切れよくね!)

crispというのは、食べ物だったら、パリパリ、サクサクしている感じ。
トークや音が歯切れ良い、または、空気が冷たくピリットし、さわやかな感じ(crisp air, crisp morningなど)にも使えますよ。

ところで、皆さんは、Apple Crispというお菓子、ご存知ですか?スライスしたリンゴの上にオートミールやブランシュガーを混ぜた生地を乗せて焼くのですが、表面がカリカリしていて、素朴でおいしいんです。

それから、ライス・クリスピーというシリアルがありますが、あれを溶かしたバターとマシュマロの中に加えて冷まして食べる、Rice Krispie Barも簡単でおいしい。
(分量は、バターまたはマーガリン1/4カップ、マシュマロ40個、ライスクリスピー5カップの割合) ポップコーンを入れれば、差し詰めキャラメルコーンかな。

あれあれ、ポーターの音楽を差し置いて、crispから食べ物の話になってしまいました。(近藤さん、ごめんなさい) 
でも、「キスミー・ケイト」のナンバー、So in love.は、ポーターの妻への不滅の愛が伝わってきて、ホントに泣けました。私も、夫とあのような晩年を送れたらいいなと思いつつ・・・。
[PR]
# by kerigarbo | 2005-06-24 14:42 | Comments(6)
今日のテーマは、「バットマン ビギンズ」より


今日公開の「バットマン ビギンズ」、先日試写会で観て来ました。

NYの俗称の一つでもあるGotham Cityは、今回も重苦しい黒一色。アメリカを象徴する鮮やかな色彩とユーモア溢れる主役が活躍する「スーパーマン」や「スパイダーマン」とは一味違います。

さて、映画の迫力にハラハラドキドキする中、台詞をチェックするのも忘れそうでしたが、結構気に入ったのが、主人公ブルース(クリスチャン・ベール)が老執事のアルフレッド(マイケル・ケイン)に助けられて言う台詞、You have not given up on me.(僕をよく見捨てなかったね)。すると、アルフレッドは、Never.(もちろんですとも!)と返します。

この台詞、映画の最初の方にも出てくるのですが、お坊ちゃまに仕える執事の愛情と優しさに思わずホロリとしてしまいました。give up onとは、人でも物でも、何かに見切りをつけること。

ブルースの幼馴染のレイチェル(ケイティ・ホームズ)も物凄く可愛いです。とても、敏腕検事補には見えないのですが、やはりヒーロー物には美女は付き物なのですね。(トム・クルーズがゾッコンなのもわかるなあ・・・)

それにしても、映画より更に驚いたのは、当日の会場警備。バックの中身や金属探知機での体の検査など、飛行機の搭乗前のようでした。劇場の入り口には、何人もガードマンが立っていて、いやはや映画より不気味で怖かった。どなたか理由を教えてください!
[PR]
# by kerigarbo | 2005-06-18 10:57 | Comments(6)
今日のテーマは、「ステップフォード・ワイフ」より

c0019088_8135159.jpg














(写真)娘の愛猫、ティファニー。


前から気になっていた映画『ステップフォード・ワイフ』がDVDで出ました。マンハッタンで活躍する敏腕テレビプロデュサー、ジョアンナ(ニコール・キッドマン)が仕事で挫折し、コネチカット州のステップフォードという町に家族で移るのですが、そこは、かつての50年代のアメリカを思わせる不思議な世界。夫に従い、主婦の鏡のような「ステップフォード・ワイフ」たちがいた・・・。

夫のウォルターにNo more black.(黒はもう着ないように)と厳しく言われるジョアンナ。黒はキャリアウーマン、特にNYの出来る女性の象徴のような色(日本でも増えてきました!) 

親友で作家のボビーまで影響されて、What's important in lifeは、夫と子供と、making a perfect homeだと言い出します。

ジョアンナもエプロンをつけ頑張ります。Being a homemaker and a stay-at-home mom(いわゆる専業主婦)は大変で、主婦という仕事は、It's the toughest job in the world.(世界で一番大変な仕事ー同感!)と改めて認識しますが・・・。

まあ、保守派勢力が強くなっている今のアメリカへの批判か・・・というのは考え過ぎでしょうかね?後は観てのお楽しみということに。

ところで、写真の猫は、娘がお気に入りのティファニーという何とも豪華な名前の猫ちゃんです。性格がほわーんとしているところが好きなんだそうな(本人に似ているからかも)。

猫と言えば、やたら真似の好きな人のことをcopycatと言います。あまり実際には聞かないけれど、土砂降りの雨のことを、It rains cats and dogs.と表現したりも。

まだ始まったばかりですが、早くこのうっとうしい梅雨が終わってほしいな。


   
[PR]
# by kerigarbo | 2005-06-11 08:26 | Comments(10)
今日のテーマは、「ミリオンダラー・ベイビー」より


アカデミー作品賞を始め、多くの賞に輝いた「ミリオンダラー・ベイビー」を観てきました。実は、この作品、後半あまりにも衝撃的なストーリー展開になっているため、詳細を話すのはやめておきます。ぜひ、この感動作は自分の目で確かめてください。

さて、心に残る台詞と言えば、いろいろありましたが、私的には、Protect yourself at all times. (常に自分自身を守ること!)でしょうか。これは、ボクシングをする時の鉄則として、老トレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)が不屈の女性ボクサー、マギー(ヒラリー・スワンク)に絶えず繰り返す言葉です。

言い換えれば、人間は夢に突き進んでいる昇り調子の時ほど、自分を守るのを忘れてしまうから、注意しなくてはいけないということ。私自身もついつい、己の限界を超えて仕事に没頭してしまうことあり、反省、反省・・・。

ところで、シリアスな内容とは別に、私の心に残ったもう一つの物がフランキーの愛するホームメードの「レモン・パイ」。高校時代の一時期をアメリカの中西部の田舎で過ごした私は、パイという言葉の響きに、何とも言えない郷愁を感じてしまうんです。

中西部でパイと言えば、ブラウンシュガーをたっぷりかけて焼いたDutch Apple Pie(オランダ系の人が多いので)、ピーカン豆がこれでもかとぎっしり詰まったPecan Pie(ナッツ好きにはたまらない!)、その辺で採れる少々酸っぱいルバーブという緑の野菜(果物?)を甘く煮て詰めたRhubarb Pieなど、本当にいろいろありましたっけ。

中でもLemon Pieは、口がひん曲がりそうに甘くて、トロリとしていて、ちょっと酸っぱくて綺麗なレモン色で・・・。映画の帰りにアンナ・ミラーズをちらりとのぞきましたが、残念ながらありませんでした。

確かどこかにレシピをしまってあるはず。食べてみたい方にはお教えしますよ!
[PR]
# by kerigarbo | 2005-06-04 11:12 | Comments(12)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム