ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
大使館パーティと、ドレスコードの不思議
鬱陶しい梅雨空が広がっています。心も体も滅入る今日この頃ですから、少し明るい話題にいたしましょう。

先日、某大使館の○○記念パーティに夫婦でお呼ばれしました。ざっと1,000人くらいのビジネス関係のお客様ばかりの気楽なパーティということで、
c0019088_10171620.jpg

ほとんど物見見物の気分でウキウキと出かけたのですが、その前に一波乱ありました。ご招待状のAttire(ドレスコード)が次のようになっていたのです。

c0019088_10174210.jpg

男性はラウンジスーツで、女性はナショナルドレス??

ということは、私は着物でなくちゃだめということ?でも、どんな着物?訪問着みたいな正式なやつ?それとも、ちょっとお洒落な遊び着でも大丈夫なの?

皆目わからないまま、なんと直接大使館に電話して聞く羽目に。(だって、場違いな服装をして、恥をかきたくないじゃないですか!)

大使館のお返事は、「一応、フォーマルなパーティです。着物?はい、それは外交官の方だけ。お客様はご主人がビジネス関係でいらっしゃいますから、何でもよろしいかと……」

私、「ほんとに何でもよろしいの?膝丈のワンピースでも?ロングの必要は?」

大使館の方、「ワンピースかスーツでよろしいかと……」

私、「じゃあ、カジュアルでも?」(実は、「カジュアルな感じ」と言いたかったのですが……)

大使館の方、「いいえ、フォーマルです」

まるでコントのような会話が続き、結局、私は下の写真のような格好で行ってまいりました。(とくにお金をかけることもなく、娘のガーデン式ウェディングに着たドレスで代用しました!)

c0019088_1037165.jpg

結果は一応、No problemかな? 着物の方はほとんどおらず、気づいただけでも3人くらいだったでしょうか。

頭の先から爪の先までばっちり極めたマダムもいれば、職場から直行の、普通のスーツ姿の女性も多く、要は全然心配する必要がなかったのでした。

しかしひとつの反省は、夜の屋内パーティですから肩や腕を出している方はあまりいらっしゃらなかったこと。軽いジャケットか、薄手のショールがあったらたぶん完璧でしたね。(パーティ用のショール、あることはあるのですが、ギリギリまで仕事をしていたため、出がけに見つけることができなかったのです。大使館まで電話したわりには、準備不足の私……。笑)

政治家のスピーチあり、ダンスや歌あり、2時間あまりの楽しいパーティでしたが、「ドレスコードに書かれていることはいつも正しいとはかぎらない!

ということを学んだ貴重な機会でもありました。要はなんで自分がお呼ばれしているのか、その目的のほうが大事ということのようですね。

みなさま、招待状に書かれている「ドレスコード」はそのまま鵜呑みにせず、心配だったら主催者に直接問い合わせるとよいですよ。

梅雨も半ばを過ぎたとか、このあと暑い夏がやってきますが、体調に気をつけて頑張りましょう。



お知らせ:

フェイスブックにブログを開設しました。英語や翻訳に関する記事を投稿しています。フォロー大歓迎です!

おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、14万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-06-23 10:29 | Comments(0)
子育て中のママ必読!『子どもが聴いてくれて 話してくれる会話のコツ』
c0019088_115353.jpg


知り合いの編集者さんから、『子どもが聴いてくれて 話してくれる会話のコツ』(サンクチュアリ出版)を送っていただきました。実は、ほんのちょっぴりお手伝いさせていただいた部分があるんです(どこでしょうね?フフ)。

本の扉を開けると、冒頭から、心がほんわかするイラストと、やさしさに溢れた文章が目に飛び込んできます。(本書冒頭からの引用)

子どもは
世界でいちばん、お母さんが大好き。

たったひとりのお母さんに
認められたくて、
わかってほしくて、
聴いてほしくて……。
いっぱいお話ししたい
気もちであふれています。

(後略)

この部分だけでも、子育て中のママは(そしてはるか昔に子育てを経験した私も……)うるうる。

でも、「多くのお母さんが、子どもの器を大きくする前に、水(知識・情報・社会のルール)を注ぐことに一生懸命になっています」という著者の言葉に、はっとします。

ここでいう「器」とは、なによりも真っ先に育てるべき、子どもの中の「自己肯定感」のこと。

その「自己肯定感」(器)を大きくするのが親の役目であり、そのためには10歳までの「親の言葉かけ」がとても重要だと本書は書いています。

そして、著者が勧める具体的な会話のコツを読み進めるうち、「やってはいけないリスト」の中に、私がかつてやってしまったことをいくつか発見!

子どもの話を聞く前に(我慢できずに)自分からその答えを言ってしまう、(子どもの言い分を聞かずに)悪いことは即正さなくてはとすぐ叱ってしまう、あたり前のことができたときにほとんど褒めない……(ああ、ちょっと遅かったなあと反省、反省)

「認められたい」「わかってほしい」「聴いてほしい」「いっぱい話したい」-これらは子どもに限らず、人間の本質的な欲求ではないでしょうか。

まずは相手の気持ちになることが大切、それは夫婦間でも、仕事の場でも、よいコミュニケーションのスタートだと思います。

最後に、子育て中のママたち、これから子育てを経験するママたちへ。

私は本書に書かれていることをすべては実践できませんでしたが、幸いふたりの子どもたちは、何とか一人前の?大人に成長しました。

ですから、子どもとどう接するかに関して極度に神経質にならなくても大丈夫です。(むしろ、ゆったり構えたほうがよいと思います)

でも、もしあのときこの本にめぐり合っていたら、もっと楽な気持ちで子どもたちと触れあえていたのにな、と正直思います。だから、機会があったらぜひ一度、読んでくださいね!


お知らせ:

フェイスブックにブログを開設しました。英語や翻訳に関する記事を投稿しています。フォロー大歓迎です!

『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、13万部を超えました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-06-11 11:40 | Comments(0)
デンマークからのお客さま
c0019088_11223124.jpg

ひさしぶりの五月晴れが続いた東京。デンマークからお客さまがやってきました。娘の旦那さんのご両親です。娘夫婦もそれにあわせてアメリカから来日。

「世界一幸せな国」と呼ばれるデンマークは、面積は日本でいうと九州くらい、人口に及んでは570万人(およそ兵庫県と同じ)の小さな国。巨大都市東京が彼らに与えたインパクトは、我々の想像をはるかに超えるものであったらしい。

ミスターP(娘の義理のお父さん)によれば、東京はとにかく人が多い、車が多い、食べ物屋さんが多い。なのに、なぜかゴミひとつ落ちておらず、すべてが整然としている。歩いていても安全なので余計な緊張を強いられない。ミセスPも、「ごみ箱ひとつないのに、綺麗だわ。デンマークでは、ごみ箱があってもわざわざその外にゴミを捨てる人がいるのよ」

この感想にはびっくり。何度かデンマークの首都コペンハーゲンを訪れたことがありますが、あちらこそクリーンで整然とした印象ですが……東京も汚いところは汚いんですけどね(お互いさまのようです~)。

そして彼らの興奮は、古都京都を訪れてさらにマックスとなりました。町屋を改造したAir B&Bは清潔で日本情緒たっぷり。そのあと訪れた老舗旅館は、彼らがイメージしていた日本をしっかり体現していたみたい。

写真を見ると確かに!日本って素敵だなあ、と思わずにいられません。

自然の光の陰影を生かした佇まい。
c0019088_1123144.jpg


静かなお庭を、侍になった気分で眺める?
c0019088_11232978.jpg


朝食でこの心遣い。こんなプレゼンテーションをされたら、しっかり目が覚めますね!
c0019088_11235035.jpg

滞在中、中程度の地震が一回あったのと、雨嵐で新幹線に遅れそうになったこと以外は、順調な旅だったようです。最後は、皇居を見下ろすレストランでさよならランチをし、皇居の近くをみなで散策しました。

地震と夏の酷暑を除けば、こんなに住みやすい国はない、と彼らの滞在中、私も実感したわけですが、そろそろその酷暑がやってきそうですね!


お知らせ:

フェイスブックにブログを開設しました。英語や翻訳に関する記事を投稿しています。フォロー大歓迎です!

『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、13万部を超えました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-05-23 11:30 | Comments(0)
GW前半は講演、後半は富士山三昧でした!
c0019088_10573377.jpg

みなさまは、ゴールデンウィークをどう過ごされましたか?

私は4月29日と5月1日の2日間、東京都教育委員会主催「平成28年度高校生留学フェア」で講演させていただきました。

留学を目指す生徒さんと親御さんたちの前で、まずは「多様性」とは何かについて、グロバール化や世界の紛争や戦争との関連についてお話ししました。

次に、自分の留学時代の話、楽しかったこと、驚いたことなどを、いくつかの思い出に残るエピソードとともに披露させていただきました。高校留学の一番のメリットは英語力が大幅にアップすることですが、英語を身につけることがどうして大切なのか、その理由についても力説(笑)。

c0019088_10581713.jpg

生徒さんたちも、親御さんたちも、表情がよかったです。ひさびさの大舞台に少し緊張していたのですが、みなさんが笑顔を見せてくださったり、ときたま頷いてくださったりするその優しさに、緊張がほぐれました。(こちらのブログにも、(もう少しだけ詳しい)話のサマリーをアップしています。ご興味があれば、どうぞ!)

後半は、夫といつもの場所へ。とくに4日の日は強風が吹いて、富士山が一日中拝めるという幸運に恵まれました!写真は家の近くから眺めた富士山。

日本人はなぜ富士山が好きなのか?なにしろ形が美しい……。感傷に浸りながら、いつかこの美しい山が噴火で破壊されないで欲しいと祈るばかりです。

伊豆で過ごした3日間は、珍しくすべて手作りで(といっても、真ん中の日は市販のソバをゆでただけですけど。笑)。アサリと牛肉とトマトの煮込み、もんじゃ焼きにも挑戦しました。

というわけで、慌ただしくも楽しく過ぎた連休に未練を感じながら、仕事に復帰しております。

最後にもう一度、講演の話に戻りますが、「高校生留学フェア」は今年で5年目だそうです。講演をお引き受けするまで知らなかったのですが、毎年200名の高校生がこの制度を利用して米国やオーストラリアなどに留学しているとのこと。留学とともに、次世代リーダー育成道場や東京グローバル・ユース・キャンプを通じ、将来の日本を背負う国際人材を育てるために用意された様々なプログラムでも勉強できます。興味のある方はこちらのHPをご覧ください。http://www.tokyo-jisedai.com/

今週末には、娘夫婦と義理の息子の両親がそれぞれアメリカとデンマークからやってきます。こちらも少々忙しくなるぞ!部屋を片付けながら、再会を楽しみにしているところです。


お知らせ:

フェイスブックにブログを開設しました。英語や翻訳に関する記事を投稿しています。フォロー大歓迎です!

『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、13万部を超えました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-05-11 10:39 | Comments(0)
スーパーラグビーを観た!被災者への応援、いろいろな形があってよい
c0019088_10153458.jpg

明日からゴールデンウィークがはじまりますね。お天気も良さそうです。

この4月は執筆が忙しく、なかなか更新できなかったのですが、先日土曜日、スーパーラグビーを初観戦しました。対ジャガーズ戦(アルゼンチン)、なんと日本のサンウルブズが初勝利という結果になり、はじめてのラグビー観戦にして夫婦で大満足!

すでに7戦連敗だったので、その嬉しさは選手もファンたちも格別だったようです。スタンドでは勝利の雄叫びで堀江選手のインタビューがほとんどかき消されて聞こえず。(何を言っていたかはテレビの放映で知りました)

以前、サッカーのワールドカップが日韓開催だったとき、埼玉アリーナに観戦に行ったことがありますが、会場が広すぎて、選手たちの動きがよく見えませんでした。今回は、手狭な会場で選手たちの機敏でコンパクトな動きが近くでよく見えたし、ファウルの説明がそのたびに電子板に映され、隣にはサッカー通の若い友人が説明役でいてくれたこともあり、とてもわかりやすく楽しめました。

もちろん、時期が時期なので、熊本地震の犠牲者に対する黙とうが最初にあり、選手たちによる募金活動も行われていました。

このように、あらゆるところで被災者に対する募金やボランティア、SNSによる情報のシェアなどの行動がとられています。

しかし中には、多額の寄付をした芸能人を批判したり、楽しい写真をフェイスブックに載せただけで不謹慎な、、、という批判する人がいるのは、少し悲しいことです。

海外では、たとえばビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグだって巨額な寄付をしていますが、たとえそこに自己宣伝の気持ちがちょっぴりあったとしても、、、それはそれでいいのではないかと思うのです。

結果、困っている人や現地の人のためになれば、それはそれでよいと。

それに、日本中が喪に服したように、誰もが沈痛な面持ちでいる必要もないと思います。

秩父宮ラグビー場が老朽化していて、ちょっと危ないなと私自身が感じたように、これから起こるかもしれない、首都圏直下型地震や南海トラフに備えて、普段からひとり1人が考えておくことが大切かもしれないと思いました。

私は明日と明々後日、高校生たちを相手に講演します。

それについては、連休後、ご報告しますね。

みなさま、素敵な連休をお過ごしください!


お知らせ:

フェイスブックにブログを開設しました。英語や翻訳に関する記事を投稿しています。フォロー大歓迎です!

『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、13万部を超えました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-04-28 10:58 | Comments(0)
春野菜ー熊本地震お見舞い申し上げます
c0019088_1058952.jpg

若葉が青々とし始め、初夏の訪れが待ち遠しいこの頃です。しかし熊本では、想定外の巨大地震が大地を襲い、たくさんの方々が被災していらっしゃいます。

余震への不安や食料、水、日常品の不足など、ほんとうにお辛いと思います。今しばらく、被災地の方々は心を強くして頑張っていただきたいと思います。

さて、写真は今月はじめに友人と訪れた銀座のフレンチ「シェ・トモ」のランチコースに出てきた野菜の盛り合わせ。盛り合わせといっても、ガラス板の上に各地の有機野菜が少しずつ盛られており、見た目もお洒落、材料は新鮮で味は素朴、思わずみなの笑みがこぼれるような心憎い演出でした。(ガラス板の下にはそれぞれの野菜の名が書かれた紙が敷かれ、何を食べているのか確かめながらいただくことができます)

冬の運動不足を食事の偏りで、私の体はむくんで毒素が溜まっているような感じ。新鮮な有機野菜でデトックスされたような、やさしい気分になりました。季節の変わり目で体調を崩しやすい今頃は、ビタミン豊富な野菜や果物をしっかりとるのがよいのではないでしょうか。

さて、地震に話を戻します。日本ではマグニチュード(地震の大きさ)のほかに、われわれが体で感じる揺れの大きさを表す「震度」が気になります。しかし海外では通常、マグニチュードだけで地震の規模を表現します。たとえば、1回目の地震のマグニチュードは6.5だったので、英字新聞(ジャパンタイムズ)は次のように報道しました。

A strong 6.5 magnitude earthquake hit Japan's southwestern island of Kyushu on April 14th.

しかし、このときの「震度」は7でした。それを英語にすると、

It was an earthquake logging 7 on the Japanese intensity scale.

となります。マグニチュードが大きくても震度が小さいこともあるし、その逆もあります(今回の前震と本震はまさにそうでした)。海外の方に説明するときは、マグニチュードと震度を混同しないようにしてください。

今日、関東は春の嵐。熊本および周辺の方々の安全と心の平穏をひたすらお祈りしながら、仕事をしています。


お知らせ:

フェイスブックにブログを開設しました。英語や翻訳に関する記事を投稿しています。フォロー大歓迎です!

『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、13万部を超えました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-04-17 11:12 | Comments(0)
桜日和と女子会ー満開予想はかくも難しきかな
c0019088_12215858.jpg

今日は4月下旬の気温となり、各地で満開が予想されているようです。みなさまの地域ではいかがでしょうか?

桜の満開を的中させるのって、すごく難しいですね。アメリカに住む義理の息子が、いったいいつ日本に行ったら桜がみられるのか、、、と嘆いています。日本にいてもわからないのだから、こればかりは運ですね。

今や外国からの観光客が急増している日本。英語で書かれた桜予想がネットにはたくさん載っています。たとえば、これ。
https://www.jnto.go.jp/sakura/eng/index.php

春の女子会は、皇居と半蔵門が見下ろせるグッド・ローケーションのフレンチレストラン「アルゴ」で。

桜がみられる期間中は、通常よりお食事が1,000円ほど高く、1時間半で入れ替え制という厳しさ。2月初旬に予約を入れたものの、当日桜が咲いているかどうか、幹事の私ははらはら。きっとレストランもはらはら(笑)。(でもよかったー。なんとか桜が咲いていて!)

ランチコースは桜や春を意識した素晴らしいアレンジでした。前菜とメインのお肉料理をご覧ください(このほかに、魚料理、デザートがつき、お腹がぱんぱんになりました!)。

c0019088_1232443.jpg

c0019088_12323912.jpg


ちなみに日本のソメイヨシノは、戦後一斉に植えられたものが、そろそろ60年の寿命を迎えるらしいです。ということは、もうとっくに危ないということか……

その寿命は環境にもよるらしい。こちらのサイトをご覧ください。https://sakura.hibiyakadan.com/page.jsp?id=4808545

今や世界に誇る日本のソメイヨシノをずっと大切に守っていきたいものですね。

ここ1~2週間はお花が楽しめそうです。たんと楽しみましょう!


お知らせ:

フェイスブックにブログを開設しました。英語や翻訳に関する記事を投稿しています。フォロー大歓迎です!

『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、13万部を超えました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-03-31 12:33 | Comments(0)
トランプ氏の話術―桜が待ち遠しい
c0019088_12162026.jpg

雨の土曜日。薄暗くて少し憂鬱だけど、桜の開花に雨は欠かせないので我慢。

さてさて、、、仕事ばかりしていてあまり楽しい話題もないのですが、海の向こうの大統領予備選は、朝ドラと同じくらい夫婦で夢中になってフォローしています。

先日NHKのニュース9で、「トランプ氏の英語は小学校4年生並みらしい」というボストングローブ紙の調査結果が紹介されました。あれこれ関係記事などを検索してみると、あるある!それらを総合してみると、トランプ氏の英語には次のような特徴があるみたいです。

1.単語や文が短い

"I don't need money."
"I don't want money."


多くが一音節か二音節の短い単語。主語+動詞+目的語のような単純な文が多い。

2.パンチの効いた強い言葉を文の最後に持ってくる

たとえば移民政策について聞かれると、その答えには、harm, dead, die, problem, root cause, serviceなど、視聴者の印象に残る単語が繰り返される。文末の単語は視聴者の耳に残りやすい。

3.単語やフレーズを繰り返す

"Look at Paris."
"Look at what happened in Paris."


"tremendous, tremendous, tremendous..."

4.二人称をよく使う

You watch...
You see people...


3、4はとくにセールスマンがよく使う手だそうです。相手の気持ちを掴み、そこにぐいっと引き込む手口。

ボストングローブ紙は、Flesch-Kincaid readability testという測定方法を使い、トランプ氏と他の候補の英語レベルを測定しました。各候補が使っている語彙と文の構造がどのくらい難しいか、複雑かをみたのです。その結果は、

トランプ氏=小4、クリントン氏=中1~2、サンダース氏=高1くらい。クルーズ氏とすでに選挙戦から撤退したルビオ氏は中2~3くらい。

トランプ氏の英語がいかにやさしく、シンプルであるかが証明されたわけです。その上、彼の言葉にはユーモアがあり、それが人を惹きつけるとも。

これでトランプ氏の躍進の秘密が一部わかったような気がしますが、最終的に彼はヒラリーと対決することになるのでしょうか。米国と同盟関係にある日本としては、彼を面白い!なんていってられないかもしれないですよね。心配だな。

写真はホワイトデーの翌日、夫が買ってきた3種類のケーキ。紙袋をぶらぶらさせて帰ってきたので(たぶん?)、手前のイチゴがひっくり返っちゃってますね。早く食べたい一心でイチゴを直さないで写真を撮った大雑把な私ですが、お味は最高でしたよ。

明日かな?明後日かな?ここ当分は桜の開花を楽しみにいたしましょう!


お知らせ:

フェイスブックにブログを開設しました。英語や翻訳に関する記事を投稿しています。よろしければフォローを!

『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、13万部を超えました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-03-19 12:12 | Comments(0)
「キャロル」ー男性中心社会の中で自由を希求する女たち
c0019088_9262862.jpg

先日やっと時間ができ、以前から興味があった「キャロル」を観てきました。

クリスマスのNY。優雅な毛皮を纏ったセレブマダムのキャロル。娘のプレゼントを求めてデパートのおもちゃ売り場を訪れるところからストーリーが始まります。

そこで、サンタの帽子をちょこんとかぶり、大きな瞳が印象的な、若きテレーズと出会う。二人は一瞬にして惹かれあい、、、キャロルはー意図的か意図的でないかはわからないけれどー売り場に長い手袋を置いていく。

それをきっかけに二人の二回目の出会いが。(レストランで)さっと注文するキャロルに対し、

I'll have the same. (同じのをお願いします)と、静かに答えるテレーズ。

恋人のリチャードについて、彼と結婚するの?とキャロルに聞かれ、

I barely even know what to order for lunch.(ランチだって、さっと自分で決められないのよ)と、テレーズは自分の気持ちが自分でもよくわからないことを告げる。

そんなテレーズは、炎のように激しく、自分の生きたいがままに生きようとするキャロルに大きく惹かれていくのでした。残りのストーリーについては、ぜひ映画を観てくださいね。流れるような美しい映像とノスタルジックな音楽、ストーリーの意外な展開にどきどきしながら。

最後にひとつ強調したいのは、この映画の原作がなんと1952年に書かれているということ。しかも、原作者のパトリシア・ハイスミスの自伝らしい。「太陽がいっぱい」の原作を書いた人です。

つまり本作は、女性が女性を好きになる展開で奇をてらおうとしているのではなく、その原因として、女性が社会で生きていくうえでの不自由さ、ときにはそれが夫や恋人の束縛だったり、伝統的な考えや社会通念だったりするけれど、そのようなものがあると訴えている。

本作の魅力は、そういったものからの解放を叫び、女性の自由な生き方への渇望を限りなく描いているところだと思う。だから、現代でも十分に通じる映画です。

女性のみなさん、ぜひ観てね。


ようやく春が近づいてきましたが、まだ少し寒いですね。みなさん風邪などひかれませんように!

桜の咲くのを楽しみに待ちましょう。

お知らせ:

フェイスブックにページを開設しました。英語や翻訳に関する記事を投稿しています。よろしければフォローを!

『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、12万部を超えました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-03-06 09:34 | Comments(0)
ついに保育園児まで!一億英語狂騒曲
c0019088_1541979.jpg

少しご無沙汰してしまいました。寒さはまだ残っていますが、道を歩くと春の兆しがあちこちに感じられ、光がちょっと眩しいです。

ひさしぶりに本を書くことに集中していますが、その間も世界のニュース、世間の噂は気になります。まずは、3日後のスーパー・チューズデーはどうなるんでしょうね。

その結果しだいで、トランプ氏がまさかの共和党大統領候補に選ばれちゃうのかなとか、

ヒラリーが初の女性大統領になれるのかな(残念なことに、若い女性たちにそっぽを向かれているらしいですが)とかが、気になります。

さて、今日は保育園のお話。実は、Rちゃんが4月から入れるところを探そうと自由業の(Rちゃんの)ママが、あちこち視察。それによると、都内某区の(ある地域の)保育園では、目玉のひとつが英語なんだそうです。

大勢の若いパパたち、ママたちが保育園にわが子が入園できるかどうかで悩んでいる区もあるというのに、、、某区では、日本語も話せない1歳児、2歳児に英語??

少々びっくりですが、その効果はというと?(残念ながら、科学的なデータは持ち合わせておりませんが・・・)

ボストンにいた頃、教師養成大学院に1年ほど在籍したことがあって、5才までに発音を習得しないとその子には将来何らかの訛りが残る、とアメリカ人の先生が話していたことがあります。

(でも、「6才以下で習得した英語は、続けなければ将来すっかり忘れる!」という説もありますので、「5才までのネイティブ発音説」はアメリカに在住する移民子弟を指していると思ってください)

一方、脳科学的には、他言語を習得するのは10才までが一番よいといわれていますが(これは第2言語習得でもたぶん通説になっている)、これもどうでしょうか?それ以降は、その子の母語(native tongue)が邪魔して、外国語がスムーズに定着しないというが、どうかな。

要は、わが子を英語ネイティブにしたいかどうか?バイリンガルに育てたいかどうか?ですね!

写真は、わが家をときどき訪れるRちゃんお気に入りのビデオ。1歳児の彼女が、くり返しくり返しなんど聞いても飽きないこのビデオ。激しく泣いていても一瞬にして泣き止む魔法のビデオ。

私まで主人公Kikoの英語の歌が頭から離れません(笑)。現在、Kikoの魅力にハマっているRちゃんですが、果たしてバイリンガルに育つかどうか、楽しみにいたしましょう。

来週は、いよいよ映画の話題を提供できることを願いつつ、、、今週も頑張ります。


お知らせ:

フェイスブックにページを開設しました。英語や翻訳に関する記事を投稿しています。よろしければフォローを!

『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、12万部を超えました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-02-27 15:35 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム