ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
カテゴリ:未分類( 509 )
夏のDVD「ラ・ラ・ランド」に関係する?近著の裏話
c0019088_11512693.jpg


夏休み後半、不安定な天気が続いています。

いつもより長めの夏休みを終えて、東京に戻りました。Rちゃんとたっぷり遊び、読書とDVD5本で大満足(何を観たかは、本記事の最後にご報告します)。

今日はその中の「ラ・ラ・ランド」について。(「シネマ英語塾」と謳いながら、まことに恥ずかしいのですが、まだ観ていなかったのです。集中を要する執筆中は映画鑑賞も読書もあまりしない主義でして……。つまり、この1年半ほとんど映画を観ていないのです)。

ストーリーは単純。互いに夢を持つ二人の魅力的な男女セバスチャンとミアが、互いを思いながらも、夢を追い続ける話。

ミュージカル映画とはいえ、歌と踊りの場面は最小限に抑えられており、センス抜群のカラフルな場面とともに、視聴者を飽きさせない展開になっています。(ネタバレになるかもしれませんが……)結末も意外?現代の男女の生き方を暗示しているような気がして、面白かったです。


さて、本映画と近著(『英語だって日本語みたいに楽しくしゃべりたい リアルライフ英会話 for Women』大和書房)との関係について。

実は、本書のp68「話題のレストランは欠かさずチェック」(Unit 12)で、主人公レナの友人ジェシカがこのように言います。

Wow, I'd go crazy if I ran into Ryan Gosling on the street!
(すごいね、わたしなんか、ライアン・ゴスリングに通りで出くわしたら、卒倒しちゃうよ!)

これは、レナがNYに7年住んでいるのに一度もセレブに会ったことがない、それに対し姉のミナはシリコンバレーの有名人にときどき出くわしている、とこぼすのに対するジェシカの反応。

上記の台詞作成の裏に、みなさまだけにお伝えする事実が―

実は、アラサーのジェシカが卒倒しちゃいそうな、今流行りの男優は誰か?ということで、かなり迷ったのです。

ブラピ、ジョニデは、ちょっと古いかも?じゃあ誰? ということで、英文校閲を担当してくれたEさんに質問することに。

「そうね、ライアン・ゴスリングとか、ジュード・ローかなあ……」

結局、(かなり前髪が後退している?)ジュード・ローもちょっとないだろう(失礼!)ということで、ライアン・ゴスリングに決まったのでした。

(つまり、Keri先生は「ラ・ラ・ランド」本編を観ずに、ゴスリングをこの場面に採用したのです。すみません!)

内心ちょっと不安でしたが、映画を観て、この選択が正しかったことを確認。

正統派のハンサムではないかもしれないけれど、にじみ出る控えめな優しさと、ぐっと堪えているような目がいいですね。

本映画のテーマソング、City of Stars。映画を観終わったあと、しばらく耳から離れません。こちらからどうぞ!


ちなみに、映画の中でもミアのこんな台詞が聞けます。

It's pretty strange that we keep running into each other.
(わたしたちって、不思議に何度も出くわすわね)

run into……誰かと偶然に出くわす。


赤い糸で結ばれたふたりって、よく出くわすのですよ、不思議なことに。

写真は、最近LAに旅行した娘が送ってくれた写真。

エッグスラットというLA発、今流行りのブレックファストだそうです。

LAは何度か行きましたが、気候は温暖、都会と自然がほどよく融合した魅力的な都市。

いつかまた訪れたい場所です。

最後に、他に観た映画とは、「マリアンヌ」「スノーデン」「帰ってきたヒトラー」「ブラックリスト」。これらについては、また別の機会に!



近著3冊をよろしくお願いします!

NYとシリコンバレーに住むキャリアガール姉妹のお話。オフィスと日常で繰り広げられる超リアルな英会話と、すぐ使える簡単でお洒落なフレーズ、映画や女性問題を扱ったコラムが人気です。会話のみ音声は無料で、こちらからダウンロード可能。http://www.daiwashobo.co.jp/book/b286161.html#pagetop


c0019088_09562956.jpg



今までの英語学習に疑問がある方、これから子供に英語を学ばせたいママたち、英語を教える先生たちにぜひ読んでいただきたい1冊です。著者の長い英語キャリアを生かして、様々な角度からアドバイスしています。(本屋さんにない場合はアマゾンからどうぞ!)


c0019088_10041641.jpg




●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
英語と日本語の文法、表現の違いなどを詳しく知りたい方、翻訳とはどんな職業なのか興味のある方に最適です。表紙のイラストは、人気イラストレーター白根ゆたんぽさんによる、少し?若く描かれた私。


c0019088_10005179.jpg

お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。(フォロー大歓迎!)

「本がベストセラーになるとき」の連載は終わりましたが、過去の記事もどうぞ!


○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、18万部を突破しました!



[PR]
by kerigarbo | 2017-08-20 12:21 | Comments(0)
みなさまもよい夏休みを!
c0019088_09340080.jpg


いよいよ、今日からお盆休みの方も多いことでしょう。

私も、伊豆の小さな隠れ家へしばし行ってまいります。

今回は労働はせず、読書にDVD、夏祭りに参加できたらなあと思っています。

写真は、Rちゃんのママが送ってくれた写真。

フランス発のチャリティイベントで、妖精のコスプレをするRちゃん。

『英語を話せる人 勉強しても話せない人 たった1つの違い』(青春出版社)では、1才と2才のRちゃんが登場しましたが、

3才の誕生日を迎えた今は、(ときどき英語混じりの?)より複雑な構造の日本語を話します。過去、現在などの時制も使い分けるし、文脈もきちんと読めます。近頃のAIよりは賢い(笑)。

自然言語の獲得と英語学習の関連に関心のある私は、Rちゃんの言語能力がこれからどのくらいのスピードで伸びるのか興味があります(といっても、普通の幼児より少しはやいかもしれません。わが息子が2才の頃には、大好きな「電車、電車」くらいしか言ってなかったですから……笑)。

このRちゃんが伊豆にも来る予定なので、楽しみです。

それでは、みなさまもどうぞよい夏休みを!


近著3冊もよろしくお願いします!

NYとシリコンバレーに住むキャリアガール姉妹のお話。オフィスと日常で繰り広げられる超リアルな英会話と、すぐ使える簡単でお洒落なフレーズ、映画や女性問題を扱ったコラムが人気です。会話のみ音声は無料で、こちらからダウンロード可能。http://www.daiwashobo.co.jp/book/b286161.html#pagetop


c0019088_09562956.jpg



今までの英語学習に疑問がある方、これから子供に英語を学ばせたいママたち、英語を教える先生たちにぜひ読んでいただきたい1冊です。著者の長い英語キャリアを生かして、様々な角度からアドバイスしています。(ただし、本屋さんにはあまり置いていないので、アマゾンからどうぞ!)


c0019088_10041641.jpg




●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
英語と日本語の文法、表現の違いなどを詳しく知りたい方、翻訳とはどんな職業なのか興味のある方に最適です。表紙のイラストは、人気イラストレーター白根ゆたんぽさんによる、少し?若く描かれた私。


c0019088_10005179.jpg

お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。(フォロー大歓迎!)

「本がベストセラーになるとき」の連載は終わりましたが、過去の記事もどうぞ!(こちらのブログは来週末までお休みします)


○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、18万部を突破しました!


[PR]
by kerigarbo | 2017-08-11 10:00 | Comments(0)
体も頭も動かし、優雅にこの夏を乗り切る!
c0019088_10525371.jpg

8月です。お盆休みも、もうそこまで来ていますね……

今日から休みをとって帰省、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

1年半ずっと執筆を続けてきた私にとっては、ひさしぶりに何もない夏。

ということで、今までにはない新しいことに挑戦して来ました!

タイチ―(太極拳)です。

いくつかコースがあるのですが、私が参加したのは健康維持を目的とした、初心者のためのタイチ―。

多少太極拳の形(ポーズ)が入っていますが、全体的にはヨガのようなゆったりとした動きを1時間続けます。

動きがゆっくり静かな分、ひとつの形に何秒か足腰をキープしておかなければならず、結構筋肉を使います(疲れた~)。

ネットで見ると、映画『マイ・インターン』の中で、主人公のアンディ(アン・ハサウェイ)がやっていたと書いてある。

あら、そうでしたっけ??最後の画面ですかね?(この映画は大和書房から出した近著でも扱っているのですが……もう一度観てみようかな)

NYでもっとも流行っているのはピラティス、ヨガですが、タイチ―も東洋的でかっこいいと若い人やセレブに人気なのかもしれないですね。

少し汗をかき、慣れないことをやって疲れたので、甘いもの……(全然ダイエットにはなりません。笑)

c0019088_10530612.jpg

新しいことに挑戦したあとのご褒美は美味しいものですね。ここの甘味どころ、毎度レッスンのあとに通いそうです(笑)。

最近、お亡くなりになった日野原重明先生もおっしゃっていました。若く長生きしたければ、毎年新しいことに挑戦しなくてはいけないと。

先生は、90歳を過ぎてからフェイスブックを始められたとか。なかなかですね……

ということで、長年忙しいからと躊躇していた運動をやっと始めたわけですが、最近少し凝っている、一日最低でも5,000歩以上歩く(毎日万歩計をつけて歩いています)という目標も一緒に続けたいと思います。


さて先週、暑い夏には(体だけでなく)頭を動かすとよいと書きました。

この夏、さらなる英語学習に挑戦したい方へ、近著を再び宣伝させていただきます。


c0019088_11462105.jpg



会話の舞台はNYとシリコンバレー。どちらも現地調査に基づく、最新の情報が入っています。

レナとミナという姉妹の仕事と日常のドラマ。かなりリアルですよ。

内容をもう少し詳しくお知りになりた方たは、こちら大和書房のサイト(http://www.daiwashobo.co.jp/book/b286161.html#pagetop)へ。

目次のラインアップ(音声は無料でダウンロードできます)を見る(そして聴く)と、内容がよくおわかりいただけます。

テーマ別の500のUseful Expressions(これ、結構自信作です。ほんとうに役立つと思います!)、女性の活躍や悩みを取り扱った8本のコラム(そのうち、4本は映画です)もぜひお楽しみください。



他の2冊もよろしくお願いします。


今までの英語学習法に飽き足らない方、これから子供に英語を学ばせたい方、子供たちに英語を教える先生方(またはお母さんたち)にぴったりの内容です。


誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
翻訳者を目指して勉強したい方、仕事でちょっとした翻訳をやる方、ただの英語好きの方もどうぞ。日英方向の翻訳も扱っています。初歩的なミスをどうやってなくすか、エラーカテゴリーという新しい手法を使い、簡単に楽しく学べます。



お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。(フォロー大歓迎です!)

現在、「本がベストセラーになるとき」を連載中。


○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、18万部を突破しました!

[PR]
by kerigarbo | 2017-08-05 11:14 | Comments(0)
激アツのこの夏は、新たなジャンルの本に挑戦してみよう!
c0019088_13011465.jpg


お暑うございます~

いっそのこと「暑い」という言葉自体を封印したいのですが、こう暑いと(笑)口に出さずにはいられません。

先日、近著でお世話になったFさんと、自由が丘にある某隠れ家レストランでお食事をしました。

月替わりで出されるランチメニューは、どの品もextraordinary & creative(意外性や創造性に満ちていて)、行くたびに楽しませていただいています。

NYに在住、上のお子さんがそろそろ大学進学を迎えるFさんとは、共通の話題もたくさんあります。

私自身がかつて経験した、娘の米国留学の際の、様々な手続きの煩雑さ、同時に自分自身も未知の世界を開拓できる楽しさなど、色々と話題がつきませんでした。


さて、こう暑いと外でレジャーも限られてきます。

熱中症が怖すぎて、最近は誰かと会う約束があるとき以外、昼間は冷房の効いた家の中で読書をすることが多い私。

何をするのにも非効率な暑い夏には、普段あまりチャレンジしないジャンルの本を読むのもお勧めかもしれません。

たとえば、次ような本たち。最近とかく話題になっている人口知能、言語、働き方やマネジメントに興味のある方へお勧めです。


●『コンピュータが小説を書く日 AI作家に「賞」はとれるか』(日本経済新聞出版社)

●『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』(角川EPUB選書)

●『How Google Works 私たちの働き方とマネジメント』(日本経済新聞出版社)


このようなテーマの本は苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、あえて挑戦してみるのはいかがでしょうか。

毒を以て毒を制す。つまり暑くて脳が働かないときは、わざと難しめの本を読む!(しかし、上のどれも一般読者向けに書かれており、実はとても読みやすいです)

最初の二冊は内容が面白いだけでなく、理系の著者らの筆致力(無駄がなく端的、だけど文章は人間臭くて描写力あり、読者に優しい)が素晴らしく、意外にさっと読めます(人口知能に対して間違った知識を持っていたこともわかりました!)。


一方、英語関連では、


少し文章が多いので、読むのをあきらめていた方に、今年の夏、ぜひ読んでいただきたいと思っております(脳と言語の関係も少し出て来ます)。

現在の英語学習法に納得できていない方はもちろん、英語を教える先生や、我が子に英語をどのように学ばせようかと考えている方へとくにお勧めです。



また、英会話を実際に練習してみたい方には、


読まれたみなさんに、「あまりにも内容がリアル……!」という驚きのコメントをたくさんいただいています。

会話、フレーズともにどれだけリアルか??コラムも楽しいですよ。この際、ぜひぜひ……一冊ご購入いただければ大変うれしく思っております!



c0019088_12161576.jpg


なんと会話だけは、音源が無料!こちらの大和書房のHPからダウンロードできますので、まずは一度お聴きになってみてくださいね。




最後に、英語をしっかり勉強したい方には(別に翻訳者を目指していなくても!)、こちらがお勧めです。日本語と英語の基本ルールも学べます。


●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)


最後は拙著の宣伝になってしまいましたが(笑)、暑い夏、ぜひ読書や英語学習で乗り切ってください!

私も夏バテしないよう、頑張りたいと思います。



お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。(フォロー大歓迎!)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、17万部を突破しました!




[PR]
by kerigarbo | 2017-07-22 10:00 | Comments(0)
東北の旅。秋田の田園風景に魅せられて……
c0019088_11252384.jpg


早めの夏休みということで、秋田に行ってきました。

目的は大仙市協和で行われる花火でしたが、その前に、まほろばの里、中世の館「唐松城」へ。


ここには、京都西本願寺、北能舞台を模した、県内唯一の能楽堂があります。

雄大な自然をバックに、ここから能を観劇とは、とても風情がありますね。



建物の外はこんな感じ。古びた木の佇まいがなんとも言えません。

なぜか、私と夫以外は観光客がひとりもいない……不思議な静けさ。


c0019088_11260727.jpg


秋田は角館が有名ですが(次回、ご報告します)、それ以外の場所があまり知られていないのは残念なことです。

以前訪れた飛騨高山では、外国人観光客を大勢見かけました。秋田は韓国や中国の方にはわりと知られているようですが、

まだまだ世界中の観光客を惹きつけるレベルはに至っていないようです。(控えめな東北の方たちは宣伝下手なのか……)



c0019088_11323040.jpg

広大な平地、青々とした田園、ため息が出るほど美しいのに……

新幹線の車窓から見た緑多い自然は、どこかスイスにも似ていると思いました。

日本は残念ながら災害が多いけれど、それは自然が豊かな証拠です。

この美しい自然を大切にしたいものですね。





会話の内容は、タイトルのごとく、本当にリアルです(びっくりしますよ!)。ユニットごとのひと口フレーズも、(たぶん?)女性が知りたいものばかり。

このあたり、『シンプル英語』(略称)でカバーできなかったものも入っています。どうぞ期待してください。

c0019088_12161576.jpg


会話の音源は無料です。こちらの大和書房のHPからダウンロードできますので、一度お聴きになってみてくださいね。





他の2冊ももよろしくお願いします。


英語の効果的な学習法がわからない方へ。自分の弱点を知るためのセルフチェックつき。短いエクササイズがついていて、英語学習のヒントをたくさん盛り込んでいます。楽しみながらお読みください!

c0019088_16185923.jpg

誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
翻訳者を目指して勉強したい方、仕事でちょっとした翻訳をやる方へ。日英方向の翻訳も扱っています。初歩的なミスをどうやってなくすか、エラーカテゴリーという新しい手法を使い、簡単に楽しく学べます。

c0019088_16122172.jpg


お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。(フォロー大歓迎!)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、17万部を突破しました!









[PR]
by kerigarbo | 2017-07-14 15:00 | Comments(0)
メロンしゅわしゅわデザート。近著、好評発売中です!
c0019088_18090375.jpg

暑いです。とわざわざ言わなくても、暑いですね。

都議選も予想どおり終わりました……台風の被害がひどいようですね。

被害に遭われた九州の方々には、

心からお見舞い申し上げます。



ところで、今日は七夕です。
c0019088_19022901.jpg

みなさん、なにかお願い事をしましたか?(私はしましたよ。本が売れるようにですって?違います。内緒……)

世の中、次々と不安なことだらけですが……どうか、みなに幸あれ!





あちこちの書店で展開されています。(写真は、池袋三省堂書店)


c0019088_18175274.jpg

暑さの中、大和書房の営業の方、書店員のみなさま、ほんとうにありがとうございます!

強烈なカバーに圧倒されそうなこの本は、決して見掛け倒しではありません(著者が保証します!)。

書店で暑さをしのぎながら、拙著をぜひ覗いてみてくださいね。



音源は無料。こちらの大和書房のHPからすべてダウンロードできます。


みなさまも、夏バテに気をつけてお過ごしください。



……あっ、写真は以前にもご紹介した、白金台R店のデザートです。

極上のメロンの果肉としゅわしゅわーと舌の上で広がる感じが絶妙でした!
(説明が下手ですみません……)



他の近著2つもどうぞよろしく。

英語の効果的な学習法がわからない方へ。自分の弱点を知るためのセルフチェックつき。短いエクササイズがついていて、英語学習のヒントをたくさん盛り込んでいます。楽しみながらお読みください!

c0019088_16185923.jpg

誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
翻訳者を目指して勉強したい方、仕事でちょっとした翻訳をやる方へ。日英方向の翻訳も扱っています。初歩的なミスをどうやってなくすか、エラーカテゴリーという新しい手法を使い、簡単に楽しく学べます。

c0019088_16122172.jpg


お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。(フォロー大歓迎!)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、17万部を突破しました!



[PR]
by kerigarbo | 2017-07-07 18:33 | Comments(0)
女性の人生は愛に満ちていなければならない。『リアルライフ英会話 for Women』が発売になりました!

c0019088_14402501.jpg


一昨日は、小林真央さん逝去、という悲しいお知らせがありました。

病気と闘いながら、ポジティブに発信し続けた彼女には敬意を表するとともに、

たとえこの世にいなくなっても、残された家族と、何百万人ものファンや同じ病気と闘う女性たちに、多くの勇気と愛を与えたと信じています。

心より、ご冥福をお祈りいたします。



本書は基本的には英会話の本ですが、仕事や家庭で頑張る女性たちのために、気持ちをこめて書きました。

「女性の人生は戦いだけではだめ、愛に満ちていなければならない」という、著者の熱い思いも込められいます。

本書を読んで、それを確信していただければ幸いです。

そして前回は書かなかった重要なお知らせが!

この本の音声(英会話の部分のみ)は、実は大和書房さんのHPから無料でみなさんのスマホやパソコンにダウンロードできます。

http://www.daiwashobo.co.jp/book/b286161.html#pagetop


以前の投稿でご紹介しましたが、一流のスタジオで収録され、4人のベテランナレーターさんによる吹込みです。音声を聞いてみて、これなら勉強できそう!と思ったら、ぜひ本書をお求めください(ユニットごとでも、まとめてダウンロードでもどちらも可能です)


対訳、解説のほか、テーマごとのひと口フレーズ(500個)、文化・コミュニケーション、映画に関するコラムなど盛りだくさんなので、あらゆる角度からお楽しみいただけると思います。


なお、本書は軽くてバックに入ってしまうハンディサイズ、冒頭の写真のようにカバーをはずせば3色で楽しめるというメリットもあり!

ぜひぜひ、よろしくお願いします!!



他の近著2つもどうぞよろしく。

英語の効果的な学習法がわからない方へ。自分の弱点を知るためのセルフチェックつき。短いエクササイズがついていて、英語学習のヒントをたくさん盛り込んでいます。楽しみながらお読みください!

c0019088_16185923.jpg

誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
翻訳者を目指して勉強したい方、仕事でちょっとした翻訳をやる方へ。日英方向の翻訳も扱っています。初歩的なミスをどうやってなくすか、エラーカテゴリーという新しい手法を使い、簡単に楽しく学べます。

c0019088_16122172.jpg


お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。(フォロー大歓迎!)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、17万部を突破しました!

[PR]
by kerigarbo | 2017-06-24 14:54 | Comments(0)
新著がもうすぐ発売に!『英語だって日本語みたいに楽しくしゃべりたい リアルライフ英会話 for Women』
c0019088_10503679.jpg


いよいよ来週、憧れの大和書房さんから新著が出ます。


ちょっと長いですけど、その名が示すとおり、楽しく英語を学ぶ本……

女性なら、キャリアウーマンから専業主婦の方、学生さんまで、いくつになってもぺちゃくちゃしゃべりたいのでは?

という著者の思いが込められています。

現在、アマゾンではすでに予約受付開始、来週21日に東京を皮切りに全国展開します。

みなさま、どうぞよろしくお願いします!


内容的には、こんな感じ(以下、FBブログに記載したものと同じです)。

NYとシリコンバレーで活躍する日本人姉妹の仕事場、日常をドラマのように描いた英語学習書です。英語は「リアルなシチュエーションの中でこそ上達する」「楽しくないと学べない」という信念にもとづき、現地取材もたっぷり取り入れたリアルな内容になっています。

全9章で、会話は45ユニット。知っていると役に立ちそうなひと口フレーズ(UsefulExpressions)が500個。各ユニットについたミニコラム、Coffee Breakでは文化やコミュニケーション、現地の人々の働き方、子育て事情、女性の生き方を描いた映画もご紹介しています。





近著もよろしくお願いします!

英語の効果的な学習法がわからない方へ。自分の弱点を知るためのセルフチェックつき。短いエクササイズがついていて、英語学習のヒントをたくさん盛り込んでいます。楽しみながらお読みください!

c0019088_16185923.jpg

誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
翻訳者を目指して勉強したい方、仕事でちょっとした翻訳をやる方へ。日英方向の翻訳も扱っています。初歩的なミスをどうやってなくすか、エラーカテゴリーという新しい手法を使い、簡単に楽しく学べます。

c0019088_16122172.jpg


お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。(フォロー大歓迎!)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、17万部を突破しました!




[PR]
by kerigarbo | 2017-06-16 11:00 | Comments(0)
カルフォルニアの味グワカモレ。梅雨の晴れ間はメキシカン!
c0019088_13531239.jpg


関東でも鬱陶しい梅雨が始まりました。今日はつかの間の晴れ?

もっと青い空が欲しいけど、まあ曇り空にときどき太陽がのぞく程度で我慢しようか……

青い空というと、カルフォルニアで作って食べたグワカモレを思い出します。

グワカモレは、要するにアボカドで作ったポテトチップス用ディップのこと。上記の写真の材料はこれ。

アボカド1個(フォークでつぶす)
玉ねぎみじん切り少々
トマトみじん切り少々
ニンニクすりおろし(または細かいみじん切り)少々
ライムの汁少々
塩、コショウ適宜

かなり適当なわけですが、上記を混ぜれば、はい出来上がり。

コツは、トマトやライムの汁を入れすぎないこと。入れすぎると、水っぽくなり、ディップの役目を果たしません。


もうひとつ、アメリカ人が大好きなメキシカン料理をご紹介します。


c0019088_13592899.jpg


こちらは牛ひき肉を炒め、市販のチリソースパウダーを入れて少々炒めます。

買ってきたトルティーヤの皮を一枚ずつフライパンで熱し(軽く焦げる程度に)、野菜を用意して一緒にくるくる巻いて食べます。超簡単です!

アメリカ人、とくにカルフォルニアの人がメキシコ料理を好むわけは? ひと言でいえば、メキシコが近いから。それに簡単で、彼らの口に合う。

これから梅雨が進むと、だんだんと食欲がなくなってきます。温かいあっさり野菜スープ(一昨日、作りました)もいいけれど、万が一晴れたら、メキシカンに挑戦するのも楽しいかもしれません。

昨日は、6年ぶりの友人と会い、3時間もレストランで喋りまくりました。一番盛り上がったのは、阿川佐和子さんが結婚する(らしい?)こと。

どこかの芸能人が彼女について「おばあちゃんが結婚する……」と冗談を言ったらしいですが、それは阿川さんに対してとんでもなく失礼なこと(Keri先生もぷんぷん)。

日本は年上の女性に対し、敬意を払わない人が結構多いですね。(この話はまた別に機会に!)

しばらく天気が不安定です。みなさんも、体調に気を付けながらお過ごしください。

もうひとつのブログも、本日更新しました。浅草の鯛焼き、日本文化の英訳の話です。

フェイスブックのアカウントがある方はどうぞ。(TAS & コンサルティング




近著もよろしくお願いします!

英語の効果的な学習法がわからない方へ。自分の弱点を知るためのセルフチェックつき。短いエクササイズがついていて、英語学習のヒントをたくさん盛り込んでいます。楽しみながらお読みください!

c0019088_16185923.jpg

誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
翻訳者を目指して勉強したい方、仕事でちょっとした翻訳をやる方へ。日英方向の翻訳も扱っています。初歩的なミスをどうやってなくすか、エラーカテゴリーという新しい手法を使い、簡単に楽しく学べます。

c0019088_16122172.jpg


お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。(フォロー大歓迎!)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、17万部を突破しました!






[PR]
by kerigarbo | 2017-06-10 14:13
シリコンバレーより帰国。街で一番おいしい?フレンチレストラン
c0019088_16005100.jpg



先日帰国しました。

実は、急な旅。行きの飛行機のなかで次作の前書きなどを書きながら現地に到着。10日ほど過ごし、無事戻ってきました。

旅の理由はともかく……日曜日にはマウンテンビューで週に一度開催されるファーマーズマーケットに立ち寄り、新鮮な野菜や果物を買ったりとか、ギークなスタバに通ったりとか、ごく普通の生活も体験してきました。

次の写真はそのファーマーズマーケットで仕入れたレモン・キューカンバー。甘味を帯びたキュウリといった感じですが、歯ごたえがあり、6つ割りくらいにしてサラダに混ぜるとなかなか美味しかったです。




c0019088_15494110.jpg

ちなみに、こちらの方々、徹底的にオーガニックにこだわる。そのこだわりは半端じゃないです。スーパーでも有機野菜とか、無添加の食品が目立ちます。

ストロベリーも大型で、口の中に入れるととろける……ついたくさん食べ過ぎてしまいましたよ。

c0019088_15501032.jpg


そのほか、中国から来た方がやっているマッサージ、ベトナム人が経営しているネールサロン、郊外へのピクニック、急に渡米したわりには楽しんできたわけですが、

極めつけは、冒頭の料理が出た、マウンテンビューで評判だというフレンチレストランのChez TJ。シリコンバレーにビジネスで行かれる方がいたら、ぜひお立ち寄りください。小さな隠れ家レストラン(といっても、通りに面してますが)で、とても美味しかったです。

なにせデザートも含め10品くらいは出て来たので、この料理がなんだか忘れました。キャビアが入っていたような、ゼリー状のスープが和風だしだったような。

とにかく和風でした(箸がついているので、言われなくてもわかりますよね……)。

ほかにも2,3品、これは和風では?と思われるものが含まれていて、「日本料理の影響力、ここシリコンバレーにもあり!」と感動。


最後に、前回のブログでお話ししそこなった、セーターの穴の話。

実は今回の旅、あまりに洋服を持っていかなかったので、途中で着るものがなくなってしまい、

仕方ないのでマウンテンビューの小さな店で、セールになっていたグリーンの透け素材のセーターを試着後、

まさに買おうとした直前に小さな穴を発見!

さっそく店員さんに、穴があるので別のやつはないかと聞くと、この一点きりとのこと。

サンフランシスコの本店に新しいのをキープしておくとか、このままならあと5%ディスカウントしてあげるとか、散々引き止められましたが、

肩のほうにも、見えないくらいの別の小さな穴を発見(アメリカらしいな……)……諦めました。

結局、洋服は持っていったもので何とかなり、帰りの飛行機では(シリコンバレーの紫外線を浴び過ぎたのか……)バテて仕事は諦め、

映画を2本視聴。その一本は「沈黙」でした。暗く、重く……でも東洋と西洋の宗教観の違い、日本になぜキリスト教が根付かなかったかなど、色々と考えさせられる映画でしたよ。

仕事?はい、帰国後時差ボケに苦しみながら、なんとか再校チェック終了。

この週末は少し、まったりとしたいです。



近著もよろしくお願いします!

英語の効果的な学習法がわからない方へ。自分の弱点を知るためのセルフチェックつき。今までの学習法のどこがよくなかったか、私のこれまでの経験や知識をすべて注ぎ込んだ作品です。短いエクササイズがついた読み物になっているので、楽しみながらお読みください!

c0019088_16185923.jpg

誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
翻訳者を目指して勉強したい方、仕事でちょっとした翻訳をやる方へ。日英方向の翻訳も扱っています。初歩的なミスをどうやってなくすか、エラーカテゴリーという新しい手法を使い、簡単に楽しく学べます。

c0019088_16122172.jpg


お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。(フォロー大歓迎!)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、17万部を突破しました!



[PR]
by kerigarbo | 2017-05-27 16:12 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム