ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
体も頭も動かし、優雅にこの夏を乗り切る!
c0019088_10525371.jpg

8月です。お盆休みも、もうそこまで来ていますね……

今日から休みをとって帰省、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

1年半ずっと執筆を続けてきた私にとっては、ひさしぶりに何もない夏。

ということで、今までにはない新しいことに挑戦して来ました!

タイチ―(太極拳)です。

いくつかコースがあるのですが、私が参加したのは健康維持を目的とした、初心者のためのタイチ―。

多少太極拳の形(ポーズ)が入っていますが、全体的にはヨガのようなゆったりとした動きを1時間続けます。

動きがゆっくり静かな分、ひとつの形に何秒か足腰をキープしておかなければならず、結構筋肉を使います(疲れた~)。

ネットで見ると、映画『マイ・インターン』の中で、主人公のアンディ(アン・ハサウェイ)がやっていたと書いてある。

あら、そうでしたっけ??最後の画面ですかね?(この映画は大和書房から出した近著でも扱っているのですが……もう一度観てみようかな)

NYでもっとも流行っているのはピラティス、ヨガですが、タイチ―も東洋的でかっこいいと若い人やセレブに人気なのかもしれないですね。

少し汗をかき、慣れないことをやって疲れたので、甘いもの……(全然ダイエットにはなりません。笑)

c0019088_10530612.jpg

新しいことに挑戦したあとのご褒美は美味しいものですね。ここの甘味どころ、毎度レッスンのあとに通いそうです(笑)。

最近、お亡くなりになった日野原重明先生もおっしゃっていました。若く長生きしたければ、毎年新しいことに挑戦しなくてはいけないと。

先生は、90歳を過ぎてからフェイスブックを始められたとか。なかなかですね……

ということで、長年忙しいからと躊躇していた運動をやっと始めたわけですが、最近少し凝っている、一日最低でも5,000歩以上歩く(毎日万歩計をつけて歩いています)という目標も一緒に続けたいと思います。


さて先週、暑い夏には(体だけでなく)頭を動かすとよいと書きました。

この夏、さらなる英語学習に挑戦したい方へ、近著を再び宣伝させていただきます。


c0019088_11462105.jpg



会話の舞台はNYとシリコンバレー。どちらも現地調査に基づく、最新の情報が入っています。

レナとミナという姉妹の仕事と日常のドラマ。かなりリアルですよ。

内容をもう少し詳しくお知りになりた方たは、こちら大和書房のサイト(http://www.daiwashobo.co.jp/book/b286161.html#pagetop)へ。

目次のラインアップ(音声は無料でダウンロードできます)を見る(そして聴く)と、内容がよくおわかりいただけます。

テーマ別の500のUseful Expressions(これ、結構自信作です。ほんとうに役立つと思います!)、女性の活躍や悩みを取り扱った8本のコラム(そのうち、4本は映画です)もぜひお楽しみください。



他の2冊もよろしくお願いします。


今までの英語学習法に飽き足らない方、これから子供に英語を学ばせたい方、子供たちに英語を教える先生方(またはお母さんたち)にぴったりの内容です。


誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)
翻訳者を目指して勉強したい方、仕事でちょっとした翻訳をやる方、ただの英語好きの方もどうぞ。日英方向の翻訳も扱っています。初歩的なミスをどうやってなくすか、エラーカテゴリーという新しい手法を使い、簡単に楽しく学べます。



お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。(フォロー大歓迎です!)

現在、「本がベストセラーになるとき」を連載中。


○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、18万部を突破しました!

[PR]
by kerigarbo | 2017-08-05 11:14 | Comments(0)
<< みなさまもよい夏休みを! 激アツのこの夏は、新たなジャン... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム