ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ひさしぶりに映画。「キングスマン」がおもしろかった!
c0019088_1471212.jpg

みなさま、シルバー・ウィークをお楽しみですか?

ひさしぶりに映画に行ってきました。悩んだあげく、『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』に心惹かれつつも、『キングスマン』を観ることに。

そして、このチョイスはたぶん正解!大変おもしろい映画でした。一口で言うと、『007』に最新テクノロジーと英国流ユーモアをたっぷり加えた感じ。スリルも満点です!

キングスマン(スパイ組織)の一人、ハリー・ハート(コリン・ファース)に将来を見込まれたエグジー(タロン・エガートン)は、同じくキングスマンであった父を亡くした後、貧乏暮らしとDVに悩む母と暮らしている。本来ならエリートの道を進むはずだった彼は、粗悪な環境のもと、今は不良になっており・・・

話す英語もマナーも、下流の労働者風。友達もふだつきの不良ばかり。彼らにハリーが言い放つ。

"Manners maketh man."

映画の中では「マナーが紳士を作るんだ」という字幕になっていますが、これはオックスフォード大学のニュー・カレッジや、ウィンチェスター・カレッジを創設した中世の神学者、政治家、教育者のWilliam Hormanの名言で、「礼節が人を作る」という意味らしい。makethは昔の英語。現代の英語ではManners make the man.

生まれや家柄ではなく、努力して培った礼節こそが立派な人間(=紳士)を作る、ということみたいですね。

ハリーはエグジーにこう言います。
"Now, my point is that the lack of a silver spoon has set you on a certain path that you needn't stay on. If you're prepared to adapt and learn, you can transform."
(要するに、私が言いたいのはね。家柄がよくないために今は好ましくない環境にいるかもしれないけど、自ら変化に適応し、学ぶ気持ちがあるなら、立派な人間に生まれ変わることができるよ)

注意していただきたいのは、a silver spoonという箇所。ご存じかもしれませんが、silver spoonは「裕福な家に生まれたこと」を意味します。(You are born with a silver spoon in your mouth. 直訳:君は口に銀の匙をくわえて生まれてきたね→上流家庭に生まれたね)

エグジーがオクスフォードもケンブリッジも出ていない(もしかしたら、大学さえ出ていない!)ことをキングスマン候補生の仲間にからかわれるシーンがあります。アメリカ映画では人種がよく問題になりますが、イギリス映画では階級や家柄が差別の対象としてよく描かれます。

さて、上記の説明からすると、やや社会派の映画のようですが、CGを駆使したアクションはド派手。暴力シーンも半端ではありません。前日にショーン・コネリーが出ている『007』を観たばかりだったので、余計にその差を感じてしまいました!(決して小さなお子さんを連れていかないでください。トラウマになるかもです・・・)

villian(悪党)を演じるバレンタイン(サミュエル・ジャクソン)とハリー、バレンタインと助手のガゼル、エグジーと教官のマーリンなど、すべての掛け合いが面白く、英語だけでなく、ユーモアの使い方も勉強になります。彼らが使う武器やガゼットなど、『007』と比較するとおもしろいかもしれませんよ。

何を観ようかと迷っているなら、ぜひ本作をご覧ください!

(写真は、品川のプリンスシネマです。しばらくぶりだったので、大胆な模様替えに驚きました)

ついでに、みなさまにお知らせです!

Keriの最新著書:何でも英語で言ってみる! シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)がついに10万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
by kerigarbo | 2015-09-20 14:19 | Comments(0)
<< ラグビーが熱い!紳士のスポーツ... 災害列島―備えあれば憂いなし! >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム