ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
秋のくつろぎタイム。「ブリジッド・ジョーンズの日記」三作目は?
c0019088_10422.jpg

秋もぐんと深まり、鮮やかな紅葉を楽しまれている方も多いと思います。

私といえば、、、マンションの配管工事が2週間超続いた上に、まもなく出版予定?の本の初校を終えたばかり。トランプショックも重なり(笑)、心身ともにガタガタです。

しかしそんな最中でも、「ブリジッド・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」だけは観てきましたよ。

第1作目から15年もたっているこの作品では、ダニエルが死亡(という設定に一応なっている)、マークが結婚していて、ブリジッドは43才の独身のまま。

映画の冒頭は結婚式のシーン。相手は誰かな?と思わせて、次のシーンへ。たった一本のロウソクを立てたカップケーキを前に、わが身を嘆くブリジッドの姿。

The reality was...much more single. (夢見ていたけど……相変わらずシングルで孤独……) Fxxk off!とテレビのリモコンを押す彼女。(映画の前半は汚い言葉や下ネタ満載すので。念のため……)

でも、いつものポジティブさは変わっておらず。Not to dwell on the negatives...(悪いことばかり考えず……)と、テレビのトッププロデューサーとして活躍する今が映し出される。

Everything is completely under control...sort of. (今はすべて問題ないはずだけど……たぶんね)、except for one tiny development(あるちょっとした展開以外は……)

それというのも、まだブリジッドに未練のあるex-boyfriendマークが登場。しかも新しいイケメンにも出会い、ついに身ごもってしまうブリジッド。

どんな状況でもブリジッドは明るいのですが、気になるのは赤ちゃんの父親のこと。二人のうち、どちらなのか?果たしてそのあとどうなるのか?結婚は?仕事は?

現代の悩める女性たちは、共感できる部分がたくさんあるはずです。ぜひみなさま、ご覧になってください!

写真は、友人マダムたちとの女子会にて。コースの最後の最後に出て来た、コーヒーのお供。このお店(白金にあるジョンティアッシュというフレンチですが)、凝りに凝った演出と、どれをとっても深みのあるお味が特徴です。

銀杏が綺麗な頃、プラチナ通り散策も兼ねて、いらしてみてはいかがでしょうか?



お知らせ:

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○フェイスブックにブログを開設しました。最新の記事(11月10日更新)は、「米国大統領選が残したもの。これは女性の闘いだったのか、否か」。こちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、16万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-11-18 10:23 | Trackback | Comments(0)
NYレポート その(3) ハッピー・ハロウィーン
c0019088_14553547.jpg

週末に入って、ハロウィーン一色。ただいま池袋でハロウィーンのコスプレ祭りが繰り広げられているようです。

本場アメリカでは、私が滞在した9月下旬より、あちこちで大きなカボチャが出現。(写真に写っているのは実はサンノゼですが、もちろんNYでもあちこちにカボチャの山が!)


さて、そろそろNYの話題も最後にしようかと思うのですが、今日はブルックリンのお話。

ブルックリンと言えば、ちょっとクールで、ちょっと芸術的で、最近若い人に人気があるらしい。訪れるのは初めてでありませんが、今回はブルックリンの中でもウイリアムズバーグ、グリーンポイントあたりを中心に探索してみました。

c0019088_14301573.jpg
あら、汚い。電車を降りた先はこんな感じ。確かに汚いけど、街は平和な雰囲気。ご安心ください。


c0019088_14315039.jpg
街角には健康志向の人なら誰もが知るWhole Foods Marketがある(NYだけで8店舗あり)。


c0019088_14342648.jpg
誰が買うのだろう。もちろん、お洒落なブルックリンの住人たち。


c0019088_14353019.jpg
日本食、とくに寿司ロールは大人気。食べたいなと思いつつ、ここはNYなので我慢!


c0019088_14362088.jpg
さすがオーガニックが売り物の店。リンゴや他の果物、全部がオーガニックとある。(店内写真OKかですって?ここでは文句言われませんでした。サンノゼの日系スーパーではガードマンに激怒されたので、まずは店内の店員さんに確認すること!)


c0019088_14381199.jpg
ここでも、巨大なカボチャの山。秋を感じるなあ……


c0019088_1439116.jpg
お魚さんだっている。今日の夕飯が思い浮かぶ人もいるかもしれないですね。


c0019088_1440118.jpg
もちろん、ボリューム満点のお肉も。

c0019088_14405111.jpg
やはり、料理の仕上げは美味しいパンでしょう。それとワインもね!


c0019088_14415282.jpg

残念ながら今回、美味しい家庭料理は味わえず、、、そのまま対岸のマンハッタンが見える場所まで移動し、撮影した写真です。(この後は、ブルックリン・ブリッジを歩いて帰りました。ここを歩くのは二度目)

遥かなるアメリカ……にいるんだという実感が沸々と湧いてきましたね。

今日はたくさんの写真をご紹介しましたが、まだまだあるんです。次の日は雨のユニオンスクエアを取材し、いよいよ飛行機に乗って西海岸へ。それについては来月リポートします。

みなさま、どうぞ楽しいハロウィーンウィークをお過ごしください!


お知らせ:

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○フェイスブックにブログを開設しました。最新の記事(10月29日更新)は、「アメリカ報告 その③ 食と健康 オバマ夫人による努力の結果は?」。こちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、16万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-10-29 14:43 | Trackback | Comments(0)
NYレポート その(2) チェルシーの午後
c0019088_132823100.jpg

秋にしては暑い日が続きます。天気の変動による体調不良を「秋バテ」というそうな。

まさにそれですかね。それとも時差ボケが続いているのかな(すでに2週間経ちましたけど……)、頭の中、いまだにぼんやりです。忘れないうちに、NYの思い出を写真とともにお届けします。

写真はチェルシーの街並み。色々と思い出の詰まったこの街を歩いてみました。(爆弾事件が起こったのは、ここよりだいぶ南のほうです。この辺は高級住宅地の雰囲気が濃厚)

c0019088_13291194.jpg
この先にチェルシー・ハイラインという、自然やアート豊かな遊歩道ができているのをご存知ですか?その中央付近にあるチェルシー・マーケットの中。前に来たときに比べて俄然、お店が増えました。買いませんでしたけど、このAmy's Breadという店、有名らしい。


c0019088_13304149.jpg
チェルシー・マーケットいえば、海鮮料理で有名なLobster Placeに行かなくては!ロブスターって、大して美味しいものではないけれど(ボストン時代にはよく食べていましたが……)、ロブスターの大きさにアメリカを感じながら頬張るのもいい……


c0019088_13311045.jpg
移転・改修されたホイットニー美術館へ。チェルシー・ラインの入り口にあります。すっきりとモダンなデザイン。


c0019088_13322485.jpg
中の展示物より、各階にあるバルコニーから眺めるNYが素敵でした。曇りなので、古い建物が荒涼とした印象を与えます。観光客が絶えないNY。でも相変わらず汚いです。東京に比べると……


c0019088_13331897.jpg
そのあと、頑張ってグランド・ゼロへ。ここについてはもう少しお話ししたいのだけれど、時間がないので省略。博物館も見学しましたが、時を経て人々に平和の大切さを教える貴重な場所になった、とつくづく思いました。


c0019088_1333484.jpg
今回一番訪れたかったのがNYに展開する和食の店たち。実はこのあと、ラーメンで有名なMomofuku noodle barへ行くのですが、その前に通りかかったOtafukuさんでパチリ。たい焼き屋さんです。(ラーメンは美味しかったです。地元の方たちがたくさん食べていた。ただし、この日歩き回り過ぎたせいか、帰宅後下痢しました。もちろん、ラーメンのせいではありません!)


c0019088_13342844.jpg
店の窓ガラスに張られたこの写真。どこかで見たな。そうだ、テレビでやっていました。わらび餅入りたい焼きです。シェリーというタレントさんが考えた、NYバージョンのたい焼き。


焼き時間を聞いたら、今から焼くので20分くらいかかると言われ、諦めて退散しました。(残念~)

次回に続く。


お知らせ:

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○フェイスブックにブログを開設しました。最新の記事(10月21日更新)は、「アメリカ報告 その② 米国大統領選最終討論が終わりました!」。こちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、15万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-10-21 13:35 | Trackback | Comments(0)
NYレポート その(1)
c0019088_14223071.jpg

みなさま、大変ご無沙汰しました!

この日曜日に無事、米国より帰国。12日間のNYとカリフォルニアへの旅は、一部取材も兼ねていたためかなりタフでしたが、とても楽しかったです。

さっそく写真をアップしようと思いながら、なかなかできなかったのは時差ボケのせい。昼間は眠く、夜は頭が冴えて眠れません……(どうにかならないかなあ~)

とにかく、第一回目のレポートを行います。時差ボケのため、ごくごく簡単に行きますね!

この日は、お昼頃マンハッタンのホテルに到着し、数ブロック先のブライアントパークへ。

この公園、最近は観光客にも流行りの地としてガイドブックに載っています。セントラルパークよりかなりスケールは小さいですが、落ち着いていて雰囲気は最高。ちょうど昼時で、まわりのオフィスの人たちがくつろいでいたり、ゲームを楽し気にやっている人たちがいたり……

c0019088_14325958.jpg


c0019088_14513555.jpg



東京と同じくらいの気温と聞いてはいたのですが、この日のNYはかなり暑かった~。公園向かいのNY市立図書館(ここもクラシックでかなり素敵です)の隣のカフェで、このような(超アメリカンの!)ランチをいただきました。長いフライトのあとで、まったりする気分は最高~

c0019088_14384100.jpg



その後は市立図書館を見学し、ゆっくり街歩き。最後に久しぶりのタイムズスクエアへ。ミュージカルの格安チケット販売で知られるTKTSはなくなり、ものすごい人だかりで警備のパトカーもたくさんいました。

c0019088_14523067.jpg


c0019088_1453482.jpg



(ああ、ここまでアップしただけで疲れました~)

この後は宿に戻り、窓越しに月明かりに映えるエンパイアステートビルを堪能しながら眠りについたのでした。


c0019088_1591319.jpg



この続きは次回へ。まだ昼時ですが、もう眠たい。みなさん、おやすみなさい~


お知らせ:

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○フェイスブックにブログを開設しました。最新の記事(10月15日更新)は、「アメリカ報告 その① 乗り物事情と治安」。こちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、15万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-10-13 14:54 | Trackback | Comments(0)
京都訪問。次はいよいよアメリカへ
c0019088_16295913.jpg

東京は雨の毎日。Rain, rain, go away!と歌いたくなります、まったく!

楽しかった京都の思い出に浸りつつ、、、疲れもあってボーっとしていたら、冷蔵庫の一番上の棚からプロポリスの瓶が突如、激しい勢いで左足の甲へ落下。

足の人差し指を打撲し、軽いヒビが入って全治2週間と宣告されました。まだ痛いです。

雨といい、足の怪我といい、最近あまりついていませんが、来週からひさしぶりのアメリカ訪問(東と西です。詳しいことは後日)。

今日はとりあえずスーツケースを詰めてみたけれど、東と西では気温が違うし、ちょうど気候が変わる時期でもあり、何を着たらよいのやら。服を入れてみたり、出してみたり……


話は京都に逆戻り、冒頭の写真は夕方の日差し眩しい京都御所。同志社大学のすぐ隣です。カメラを掲げた私と、ご一緒したS先生の影法師が2つ。

学会の合間に(というか、少しサボって)歩いた三条通り。明治からの古い建物が立ち並び、異国情緒も漂います。素敵な空間……

c0019088_16523372.jpg

c0019088_1852053.jpg

c0019088_16552163.jpg


次は、初日の夜、友人のT先生と訪れた実伶(みれい)というお店。とくに牛ヒレ肉のカツ(写真二枚目)がこの店のご自慢らしいです。美味しかったですよ!

c0019088_17481669.jpg

c0019088_17484675.jpg


東京にもこんな粋なお店ありそうだなと思いましたが、最後にお店の方々に見送られ、「おおきに!」と言われたときは、さすが京都だなと(当たり前ですけど……)嬉しくなりました。

短い京都滞在でしたが、単なる観光とは違う発見がいろいろ。電車の中は静かで人が少ないし、都会的でシックな装いの人が多く、時間がゆっくり流れている感じが素晴らしい。(いいところだなー)

「大阪や神戸とはちょっと違うのよ!」(エスカレーターの左に立つのは、なぜか京都だけ東京と同じとか)と、この10年、関西にお住まいのT先生にいろいろと伺い、勉強になりました。

こんなに長く生きていて、案外知らないことが多いなと反省しながら、今後はもう少し気楽に京都を訪れたいと思います。

それでは、来週から最近少々もの騒ぎな?アメリカへ行って参ります。数年ぶりですかね。ひさびさのアメリカですから、楽しんできます。

次回のアメリカ報告をお楽しみに!!


お知らせ:

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。
http://president.jp/articles/-/20040

○フェイスブックにブログを開設しました。最新の記事(9月25日更新)は、「小学校から英語」は正しいか?。こちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、15万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-09-24 16:44 | Trackback | Comments(0)
「プレジデントウーマン10月号」にインタビュー記事。そして京都!
c0019088_10275253.jpg

朝からひどい雨ですね。いったい、最近のお天気はどうなっているのか……。

9日、10日と京都へ行ってきました。日本通訳翻訳学会年次大会の一日目とその前の日に行われたプレコンフェレンスに参加。

その前にひとつ、みなさまに嬉しいお知らせが!

9月7日に発売された「プレジデントウーマン10月号」。本号は「資格&英語」に力を入れていますが、私のインタビュー記事がP120-121の「語学特集」に掲載されています。

若き日の失敗談も含め、英語の勉強で大切なことを、(ちょっぴり偉そうに??)詳しく述べていますので、ぜひご覧ください!

オンライン版でも読めます。興味のある方はこちらからどうぞ!

http://president.jp/articles/-/20040


さて、ひさびさの京都は、ほんとうによかったし、楽しかったです!

学会は同志社大学の今出川キャンパスで。ここが明治に新島襄が設立した由緒ある大学か、とひたすら校舎の優美で重厚感ある佇まいに酔いしれつつ、、、

翻訳通訳の特別講義や研究発表を拝聴してまいりました。ここは、学会発表や催しものが開かれた良心館の入り口。どこかパリみたいでしょ。

c0019088_10272260.jpg


2日間でできるだけのことを吸収してきたつもりですが(そのことについては、いつかブログか本の中でお話ししようと思います)、

もちろん、その間に時間を見つけて観光も!次回、撮ってきた写真とともにご報告いたしますね。

まずは、ひさびさの遠出?で疲れてしまい、風邪もちょっぴりひいてしまったので(ハクション!)、体調を整えることに専念します!


お知らせ:
フェイスブックにブログを開設しました。最新の記事(9月8日更新)は、「プレジデントウーマン10月号」にインタビュー記事が掲載されました!です。こちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。

おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに15万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-09-08 11:08 | Trackback | Comments(0)
ついに脱稿。去りゆく夏を慕びつつ……
c0019088_18471547.jpg

今日で8月はもう終わり。まだまだ暑いけど、明日から9月ですね。

今年の2月から手がけていた書籍がとりあえず脱稿。まだまだ手直しするところがありそうですが、まずは少しほっとしているところ……。正直、今回はかなり大変でした。(みなさん、期待してください!?)

今回を除くと、8月の投稿はなんと一回だけでした。時間がなかったなあ。今回はすべりこみセーフということでご容赦を。

写真は、わが愛するRちゃんが、ハワイの砂浜でなんだか大人っぽく?異国情緒を堪能している姿(念のため、本人まだ2歳と1か月です)。

実は、息子家族も、娘夫婦も、ついこの間までそれぞれハワイという優雅さ。

I'm so jealous!! (超うらやましい!)

と、指をくわえて送られてくる写真を眺めていたのですが、私たち夫婦も来月終わりには、久々にアメリカ本土を訪れる予定です。

それまでに、せっせと次の仕事を進めなければ……。

みなさまも、残りの夏をどうぞお楽しみください♪


お知らせ:
フェイスブックにブログを開設しました。最新の記事(8月25日更新)は、「リオ・オリンピック無事終わる!なお残る、『謝る文化』」です。こちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。

おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに15万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-08-31 19:07 | Trackback | Comments(0)
オリンピックも夏休みも終わり・・・
c0019088_16393366.jpg

気がつけば、もう8月後半。先月末からブログを更新してないことにまったく気づかぬまま、忙しい日々を送っていました。もちろん、その間、お盆休みとオリンピック観戦は欠かしませんでしたが……。

写真は残念ながら、リオではありません。娘のハズバンドが最近ボストンに行った折に撮って送ってくれた写真。綺麗でしょう!

懐かしのチャールズ・リバーです。もう随分と昔の話になってしまいましたが、一家で近くに住んでいました。遠くてなかなか行けないけれど、、、さっぱりとした心地よい風が、こちら側に向かって吹いてくるようです。

ところで、今回のオリンピックは日本は41個のメダル。素晴らしかったですね。さすがに夜中は起きていられませんでしたが、朝は結果を確かめるためにいつもより早起き。毎日、金や銀や銅のメダル獲得のお知らせに、その日一日、とてもよい気分となりました。

一方、このオリンピックでいろいろと気づいたことも。

●まず、「スポーツと礼儀作法」の問題。

相手への礼儀を重んじるスポーツでは、試合のあと必ず握手をして相手と別れます。勝っても負けても、いたわるように相手の肩を抱いたりする姿は感動的でした。

しかし中には、政治的な理由で握手を拒んだ選手もいたし、負けたショックで、相手が差し出した手を振り払うように、その場を去った日本選手もいました。

ちょっと残念です……。

●現場に派遣された「通訳ボランティア」のことも問題になりました。

ボランティアのひとりだった大学生によると、やるべき仕事が現場できちんと整理されておらず、やる気をなくして来なくなってしまった学生がたくさんいたと。

リオらしい(笑)といえばそれまでですが、東京オリンピックのときはボランティアの数はさらに増えるようですから、しっかりやってほしいものですね。

そして、閉会式で小池知事が着物姿で軽々と旗を振ったときには、思わず「あっぱれ!」と叫んでしまいました。堂々としていて、お洋服のセンスも抜群、同じ女性としてその頼もしさを尊敬します。

さてさて、私のほうは、本の執筆が続きます。最近、ある雑誌の取材を受けたので、そのご報告は後日に!


お知らせ:
フェイスブックにブログを開設しました。最新の記事(8月25日更新)は、「リオ・オリンピック無事終わる!なお残る、『謝る文化』」です。こちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。

おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに15万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-08-23 16:44 | Trackback | Comments(0)
夏の嬉しい贈り物
c0019088_14492468.jpg

梅雨も明け、すっかり夏になりました。今日から夏休み休暇に入った方も多いのではないでしょうか。

毎日パソコンを相手にギンギン冷えた室内で悪戦苦闘している中、写真のような可愛いお中元をいただくと、顔が緩み、コチコチの心が少しはほぐれます。

実は毎年この季節になると、必ずシャネルの石鹸を送ってくださる方がいて、今年は小さな香水入りでした。うーん、とてもいい匂い。

お中元といっても夫宛てですから、私のことや私の好みは知る由もないのですが、女性ならきっとシャネルが好きと思っていらっしゃるのか、ご自分がシャネルの、またはマリリン・モンローのファンか、どちらかかもしれませんね。

いずれにしても、ちょっと嬉しいです(そのうえ、この石鹸、よく泡がたち、お風呂でとても重宝しています)。

さて、この私も不健康なことばかりしているわけではなく、先日は高校の先輩たちと清里でハイキング、その翌週は夫と伊豆の家で草むしり。体を動かす機会はそこそこ確保しています。

こちらは清里で行ったQuiというレストランのデッキ。お料理も最高でした。

c0019088_1554122.jpg


こちらは清里のファームから持ち帰ったお野菜で作ったサラダとブルーベリー。イタリアンパセリとルッコラ、スモークド・エッグ、トマト、すべてそこで買ってきたものですよ。美味しかったです。

c0019088_1544121.jpg


今年の夏は執筆に明け暮れる毎日ですが、暑さに負けず頑張りたいと思います。

みなさまも、どうぞ楽しい夏休みをお過ごしくださいね。


お知らせ:
フェイスブックに新たなブログを開設しました。本日7月30日に更新した話題は、「女性の時代?オバマ夫人のスピーチに感動した!」です。こちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。

おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに15万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-07-30 14:54 | Trackback | Comments(0)
恋の行方。映画「ブルックリン」その(2)
c0019088_11324549.jpg

前回、次回に続くと公言しておきながら、何日も経ってしまいました(すみません!)。早いもので7月も中旬を過ぎ、昨日より三連休です。

さて、その後エイリッシュの恋はどうなったか、今日はそのお話です。アイルランド移民が多く住むブルックリンで、彼女がイタリア系移民のトニーと出会ったことは前回お話ししました。

保守的なアイルランド系移民に比べ、イタリア系移民は大家族主義で明るいのが特徴です。配管工のトニーは、そのような自分と、理知的で大人しいエイリッシュがうまくいくのかどうか、少し不安でした。

トニーの家族と食事のあと、トニーはエイリッシュに愛を告白しますが、エイリッシュはそのときまだ自分の気持ちがわからず、答えることができませんでした。

しかしついに、エイリッシュがトニーに気持ちを打ち明けるときがきます。

So the next time you tell me you love me, if there is a next time, I'll say I love you too. (もしもまたあなたが愛してると言ってくれたら、もしも同じことが二度あるならば、私もあなたを愛していると言うわ)

Are you serious? (本気で言ってるの?)You mean it?(心からそう思っているの?)と聞いてしまうほど、トニーはびっくりするのでした。

ついに、ひとつの愛が成就しました。二人は結婚し、めでたし、めでたしです。

しかし運命のいたずらで、エイリッシュはアイルランドに戻ることになり、そこで別の男性に出会ってしまいます。(あらあら、映画『ひまわり』の女性版かしらと、ハラハラ)

故郷の温かさ、居心地のよさも手伝って、トニーとはまったく対照的な、知的で穏やかなジムにエイリッシュは惹かれていってしまうのでした……(金妻って、わかりますか?まあ、いわゆる人妻の不倫)。

残念ながら、この先はネタバレ(十分にネタバレしていますけど)になってしまうので、黙っていることにしましょうね。

最後にひと言。映画というのは、時代時代の考え方や人々の生き方を映し出していて、実に面白いです。

50年代が舞台ですが、今のアメリカを作ったのは、愛する母国、残してきたや家族、親せきのことを思い続けながら一生懸命働いた人々だということが、この映画を観てよくわかりました。

そういうことでいえば、ネイティブインディアンの子孫の方々を除き、最初からアメリカ人だった人はいないわけです。もともとアメリカ人ではなかった人々が、努力して、協力して、現在の巨大なアメリカを作っていったのですね。

ですから、現在アメリカ各地で起こっている人種差別やそれを機に勃発している暴力などは、悲しいし、むなしい行為だと思います。(初心にかえれ!とつい言いたくなってしまいます)

さて、今三連休ををはじめ、まもなく夏休み休暇を計画している方も多いことでしょう。

暑さに気を付けて、みなさま、この夏を楽しんでくださいね。

(写真はNYを訪れた娘より調達。どこかな?こんな古びた街角が、今でもNYのあちらこちらにあります)


お知らせ:

フェイスブックにブログを開設しました。英語や翻訳に関する記事を投稿しています。フォロー大歓迎です!

おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに15万部を突破しました!

関連サイト:
ジャパンタイムズブッククラブ 「働く女性の英語術」特集ページ

[PR]
# by kerigarbo | 2016-07-17 11:53 | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム